海老名版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

東日本大震災の被災地で復興の花火をあげる「十三浜に花火を上げる会」の会長 奥村 将さん 中央在住 45歳

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena

江戸っ子気質ここにあり

 ○…宮城県石巻市北上町十三浜という漁村で津波により40人の尊い命が奪われた。昨年8月、この場所で「追悼の花火」を上げた。打ち上がる花火を眺めながら、手を合わせる高齢者や雄叫びを上げる青年たち、はしゃぐ子どもたちなどの思いを受け、自身も感動のあまり大泣き。「あのときの思いは忘れることはできないね。勢いのあまり、来年もやります!!って宣言してきちゃったよ」

 ○…野球に明け暮れた小学生時代には、運動神経の良さに加え、身長170cmを超える体格にも恵まれ、ホームランを量産。地域紙からの取材を受けたりと人気者の座をほしいままにしていた。坊主にするのが嫌だったという理由から中学はサッカー部へ。何をやってもスポーツマンはここでも活躍。高校時代には名門ラグビーへ入部し、花園で日本一にも輝いた。「当時の仲間は今でも大切な仲間だよね」と目尻にしわを寄せる。

 ○…現在は中央にある飲食店のオーナーを務める。大学時代は朝から晩までアルバイトに明け暮れ、飲食店の醍醐味を実感。大学生でありながら利用者には「店長」の愛称で親しまれ、導き出した答えが独立。25歳の若さで現在の場所で事業を興した。「アルバイトに一生懸命になりすぎて、大学は7年も通っちゃったけど」と表情を緩める。『店は人と人とがつながる場所』開店当初から想いは変わらない。「料理に妥協しないのはもちろんのこと。暗い顔で入ってきたお客様を笑顔になって帰ってもらうのがウチの店の仕事ですね」

 ○…幼少時代、仲間がやられているのが見ていられなくて喧嘩もした。家に帰ると父が一言「勝ったのか、負けたのか」。浅草出身の江戸っ子の父に育てられたこともあり、仲間想いは人一倍。「何か困ったときに助けてくれるのは”人”しかいない。積極的に手を差し伸べて何かの役に立てれば」。粋な性格はしっかりと受け継がれている。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

吉田 義人さん

座間市議会の議長に就任した

吉田 義人さん

座間市ひばりが丘在住 52歳

10月23日号

相原 京子さん

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める

相原 京子さん

(株)アイ・エステート社長 65歳

10月16日号

高澤 真奈美さん

市民団体「座間子育て応援プロジェクト」の代表を務める

高澤 真奈美さん

ひばりが丘在住 54歳

10月9日号

落合 顕也さん

海老名市消防団第14分団に加入した

落合 顕也さん

海老名市上河内在住 18歳

10月2日号

佐藤 弥斗さん

座間市長選挙で初当選を果たし、10月1日付けで座間市長に就任する

佐藤 弥斗さん

座間市小松原在住 50歳

9月25日号

久保 美絵さん

海老名市内で初となるフリースクールを開設した

久保 美絵さん

海老名市上今泉在住 43歳

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク