海老名版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

入梅前の真夏日 水辺に人出 32.3度

社会

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市内で30℃以上の真夏日となった6月2日、海老名駅前の中央公園内の水路では、水遊びを楽しむ子ともたちの姿が見られた=写真。横浜地方気象台によるとこの日、市内の観測ポイントでは午前11時57分に最高気温32・3℃を観測した。

 環境省などでは熱中症対策として、喉の渇きを感じる前に水分補給を心がけ、特に自分で喉の渇きに気付けない子どもや高齢者には周りから水分補給を勧めること、風通しのよい服装を心がけ、外出時にはこまめに休憩を取り、日傘を活用することなどを挙げている。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク