海老名版 掲載号:2014年8月8日号 エリアトップへ

IC(インターチェンジ)周辺の渋滞緩和へ 市、県などが改善策検討

社会

掲載号:2014年8月8日号

  • LINE
  • hatena
ICへ向かう県道は朝夕500mほど渋滞している
ICへ向かう県道は朝夕500mほど渋滞している

 さがみ縦貫道路(圏央道)が中央道や関越道に接続した6月末以降、海老名インターチェンジ(IC)周辺の地域で朝夕を中心に渋滞が見られることから、7月末までに市や県が中心となり改善策を検討する組織が発足した。

 相模原愛川IC-高尾山IC間が開通した6月28日以降、首都高を回避し中央道や関越道へアクセスする車両が縦貫道路を利用するようになった。中日本高速道路(株)によると交通量は倍増し、東名高速道路との接続点である海老名ジャンクション付近は上下線ともに慢性的に渋滞が発生しているという。

「生活道路」へ侵入する車両も

 相模原愛川IC以北の利用が可能になる以前、1日平均およそ1万7500台だった海老名IC利用台数は、供用開始後、約2万400台に増加。IC周辺の県道は朝夕を中心に車が500mを超える列を成し通過に15分近く要する日もある。この渋滞を回避し「生活道路」に侵入する車両も見られ、改善策の検討が急務な状況だ。

 こういった実情を受け市と県が主導する形で県警や中日本高速道路など関係機関から成る「IC周辺地域交通関係者会議(仮称)」が7月末までに発足。早急に対応可能な改善策を協議する考えで、きょう初会合が市役所内で開かれる。
 

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク