海老名版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

増える宅地の細分化 国分寺台 良好な住環境を守ろう 住民主導で勉強会

社会

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
先進事例などを学んだ
先進事例などを学んだ

 近年、地区内で増えつつあるという宅地の細分化販売に関する勉強会が9月20日に国分寺台文化センターで開かれた。

 1962年から開発分譲が始まった国分寺台住宅地はいわゆるニュータウン。当時、この地に居を構えた多くは子育て世代だった。現在、65歳以上の高齢者の割合を示す同地域の高齢化率は37・5%。数年前から夫婦2人暮らしとなり国分寺台を離れたり、相続に伴い土地が販売されるケースが増えている。

 良好な住環境が整っているにもかかわらず、比較的広い土地が多いため、現在の子育て世代が不動産取得する際には金額面がネックとなり、なかなか買い手のつかない状況に所有者は業者に販売。これまで1つの住宅が建っていたその土地を複数に区分けし分譲する「細分化販売」されるケースが多発している。

 「手頃」な価格で市場に出るため子育て世代が増えているなど地域にとってメリットもある一方、隣家がくっつきあうように建ち、プライバシーが守られないなどデメリットもあるこの状況を受け、「宅地細分化について学ぼう」と地域住民が呼び掛け6月に初の勉強会が開かれた。

 2度目の勉強会となった20日の勉強会では、用途地域による敷地面積の最低限度指定制度を導入している茅ヶ崎市の視察を行った事務局担当者が導入経緯や現況などについて報告。さらに敷地細分化による地価への影響を示した(株)価値総合研究所のシミュレーションを通じ、細分化の敷地価格への影響を学んだ。

内野市長は「前向きに検討したい」

 開会中の市議会9月定例会の中で内野優市長は「用途地域による建築物の敷地面積の最低限度の指定」について市の考えを質した氏家康太議員(志政会)の一般質問に対し、「前向きに検討したい」と答えた。

 勉強会の開催を呼びかけた住民のひとり大坂城二さんによると6月の勉強会終了後、市長に取り組みを説明。市民の声を市政運営に反映させることを目的に20日から始まった「市長タウンミーティング」でも議題に上る予定だという。

 勉強会には誰でも参加が可能で次回は年明けの開催が予定されている。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク