海老名版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

「第43回神奈川県自動車安全運転競技大会」で最優秀の成績をおさめた 松嶋 孝平さん 海老名市消防本部在勤 33歳

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

男は言葉でも背中でも語る

 ○…「大きなミスもなく、無難にできたと思います」。280人がエントリーした「県自動車安全運転競技大会」で最優秀賞を手にした。前回行われた県大会では先輩が良い成績を残したこともあり、プレッシャーを背負う中「やるべきことをやる」と決めたその行動力が最高の結果へと結んだ。

 ○…海老名市の消防本部へ勤める。大学4年生のとき、祖母の家でボヤが起き、消防士の活躍を目の当たりにした。就職活動をしながら人生を模索する中で「この仕事をしたい」と道を決めた。すでに就職試験は過ぎていたため、1年間の浪人生活を経て見事1発合格。「人の役に立ちたい」という思い描いた舞台に上った。消防隊で9年間務めた後、救急隊へ移動。10年間の中では、人の命が消えゆく瞬間も見てきた。家族が涙を流し泣き叫んでいる中で「頼むから戻ってきてくれ」願いながら心臓マッサージをした経験も。「当たり前ですが後悔をしないようプロとして自分ができることを全力で行います」

 ○…群馬県出身。子どもの頃からラグビーやバスケなど体を動かすことは日常生活になくてはならないものだった。大学生のときに湘南へ引っ越すと群馬には無かった「海」にはまり、サーフィンに明け暮れた。「就職活動をしていても顔は日焼けで真っ黒。髪も黒に染め直したはずでしたが、茶髪だったのでなかなか上手くいきませんでしたね。若気の至りは職場の後輩たちには言えません」と表情を緩ませた。

 ○…取材中に多く出てきた言葉は「家族」と「後輩」。家庭では2歳と5歳の2児の父。休日には鬼ごっこから縄跳び、サッカーなどをしながら子育て進行中。「恥ずかしながら、溺愛しています」と顔を赤らめる。一方でトレーニングは家の中でも欠かさない。「かわいい後輩たちにはまだまだ負けられません。お互いに切磋琢磨していければ」。責任感の強さが物語る、男の背中は大きく見えた。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

58歳

8月27日号

牧 篤矢さん

ビーチテニス日本代表として10月のワールドカップに出場する

牧 篤矢さん

綾瀬市深谷上在住 24歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市入谷西在住 71歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook