海老名版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

ホタルの里事業 「一頭でも多くの舞いを」 小川の改修に汗

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
川底にたまった土砂を取り除く会員
川底にたまった土砂を取り除く会員

 かつて見られたホタルの幻想的な舞を復活させようと活動している市民団体「目久尻川をきれいにする会」の会員らが10月下旬から杉本小学校前の小川の改修を進めている。

 会では12年前からホタル復活へ向けた取り組みをスタートさせた。その中心となるのが杉本小前のこの小川だ。毎年、春先に杉本小学校の児童とともに、ホタルの幼虫とその餌となるカワニナを放流する活動をつづけている。

 ここ数年は5月下旬から6月上旬にかけて、放流数の1割程度とまだまだ数は少ないものの、夕闇を舞うホタルの姿が確認できるようになってきたという。

 しかしその数は伸びず会では「同じことの繰り返しではこれ以上、数は伸びないだろう。新たな取り組みを模索していこう」と小川を改修することを決定。法面の崩壊や雑草が生い茂ることで幼虫が土中に潜れないことが考えられることから、これまでは「自然のまま」だった小川の法面を竹で補強し雑草が生えにくい状況を作ったほか、幼虫の外敵となるザリガニの駆除などに連日、汗を流している。

 同会の三宅紘輔さんは「子どもたちにあの幻想的な風景を見せてあげたい。その一心で取り組んでいる。入梅前に1頭でも多く飛んでくれたら」と話していた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

27日に採決へ

職員定数40増案

27日に採決へ 政治

座間市議会 委員会は否決

9月24日号

スプリントで頭角

スプリントで頭角 スポーツ

中新田小4年 吉川悠真さん

9月24日号

大凧まつり中止

大凧まつり中止 社会

2年連続

9月24日号

タイムカプセル開封

タイムカプセル開封 社会

座間市が協力者募集

9月24日号

考えるきっかけに

外出支援

考えるきっかけに 社会

大上地区でグリスロ試乗会

9月24日号

オンライン譲渡会

オンライン譲渡会 社会

動物愛護センター

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook