海老名版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

「県内一」のいちご最盛期 「ぜひ完熟で糖度の高い直売物を」

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena
光輝くいちごを手にする武井さん
光輝くいちごを手にする武井さん



 県内一の生産量を誇る海老名のいちごが最盛期を迎えている。現在、市南部地域を中心に20戸ほどの農家が丹精込めて栽培している。そのひとつで、県のいちご品評会で最高位である農林水産大臣賞も得たことのある、本郷の武井いちご園(武井哲也代表)によると、「寒暖差が出てくるこの時期はより実がしまり美味しい時期で、収穫して時間が経っていない直売のものは限りなく完熟しているため、糖度も高く、実の痛みがないため美味しく食べられる」という。

 海老名域におけるいちごの栽培は1930(昭和5)年から始まり、当時は「福羽苺」という品種を栽培していた。「海印」として珍重され、新宿や銀座の名店にも出荷されていたほどの高級品で、桐の箱に収められ、昭和天皇に献上されたこともある歴史をもつ逸品だったという。

 現在は「とちおとめ」や「紅ほっぺ」といった品種を栽培。摘み取り観光農園も開かれ、週末を中心に市内外から多くの人が訪れている。
 

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

海老名を描き観客賞

海老名を描き観客賞 文化

海老名在住の城戸さん

1月28日号

街頭犯罪等の発生状況

【Web限定記事】座間警察署管内

街頭犯罪等の発生状況 社会

2022年1月17日〜1月23日

1月28日号

いちごが給食に

いちごが給食に 教育

市内農家が提供

1月28日号

節分そばの準備着々

節分そばの準備着々 社会

座間市蕎麦商組合

1月21日号

大人の仲間入り祝福

大人の仲間入り祝福 社会

座間市障害者団体連合会

1月21日号

冬空に響く和太鼓の音

冬空に響く和太鼓の音 社会

ふたば愛子園

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook