海老名版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

手作り「つるし雛」約160体

文化

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 河原口の「河の手ギャラリー」で3月8日(日)まで「ひなまつり展」が行われ、段飾りや御殿飾り、竹人形のお雛様など様々な種類の雛人形約80点が並ぶなか、「つるし雛」も展示されている。

 つるし雛は江戸時代、高価な雛人形を購入できなかった庶民が「雛人形の代わりに」と娘のために1つ1つ手作りしたものとされている。雛人形以外にも様々なものが吊るされており、草履型の人形は「足が丈夫になるように」、唐辛子型の人形は「娘に虫がつかないように」といった意味がある。

 同展示会では飯島邦子さん=人物風土記=が手作りしたつるし雛約160体を見ることができる。

 開館時間は午前11時から午後4時。入場無料。問合せは同ギャラリー【電話】046・235・8446へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

イオン会場で接種開始

座間市

イオン会場で接種開始 社会

「下見多く混乱なし」

6月11日号

郷土民謡を歌う

郷土民謡を歌う 文化

座間神社会館すいめい

6月11日号

優先接種拡大へ

優先接種拡大へ 社会

廃棄対策で

6月11日号

綾瀬市が初の人口減

国勢調査結果速報

綾瀬市が初の人口減 社会

海老名、座間は引き続き増加

6月11日号

身近な地域でも

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter