海老名版 掲載号:2015年2月27日号
  • googleplus
  • LINE

さくら愛子園廃園問題 市が運営の方向性 保護者からは不安の声も

社会

21日に行われた説明会のようす
21日に行われた説明会のようす
 一般財団法人春秋会(本多緑子理事長)が上河内で運営する認可保育園「さくら愛子園」が3月31日付けで廃園する意向を受け、海老名市役所で2月21日、市が保護者を対象にした説明会を開いた。内野優市長が「心配と混乱をさせてしまいお詫び申し上げたい」と謝罪した上で、市がさくら愛子園の園舎を利用し、運営していく方向性を示した。一部保護者からは不安の声を漏らす姿も見られた。

 市有地を巡る土地の使用貸借契約協議がまとまらないまま、春秋会が示す廃園期限が1カ月半と迫った13日、14日に行われた市主催の説明会では子どもたちの処遇が決まらず、保護者側が求めていたのは「市長の出席」。21日の説明会では、冒頭から市長が廃園への経過を説明し、今後の方針について述べた。

 市長は「19日に春秋会の本多理事長らと協議を行い、市が園舎を利用し運営していくという提案に双方が合意した」と説明。現在の在園児を対象に引き継ぎ運営していくとした。これにより、子どもたちの処遇案として春秋会が運営する「さがみ愛子園」と「ふたば愛子園」への転園、市が運営する新たな保育園を主とした行先を示すことになった。

 保護者からのバスの送迎や、希望園に入れるのかなどの課題に対して市は「各家庭によって、さまざまな条件があるのでまずは個別相談を受け、最終決定をしていく」と答えた。

 説明会を終えた保護者たちからは「土地問題は子どもたちとは関係がない」「子どもたちにストレスをかけないようにしていきたい」「転園をしたときに仕事ができるかが心配」「仲良しの友達と一緒の園に入れるのか」など、不安の声もあがっていた。

 市は個別相談会の案内と行先園の希望届を23日に対象者に送付。3月11日を申込みの締切とし、15日に園児の通園先を通知する予定だという。

海老名版のトップニュース最新6件

集会所の設置、全国初

宅配ロッカー

集会所の設置、全国初

7月27日号

口腔ケアで健康寿命延伸

全国初事業

口腔ケアで健康寿命延伸

7月27日号

22日は「市民まつり」へ

ごみ有料化の方針公表

海老名市

ごみ有料化の方針公表

7月20日号

市が保険料負担

認知症徘徊対策

市が保険料負担

7月13日号

類似ブロック塀、撤去へ

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク