海老名版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

さくら愛子園廃園問題 市が運営の方向性 保護者からは不安の声も

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
21日に行われた説明会のようす
21日に行われた説明会のようす

 一般財団法人春秋会(本多緑子理事長)が上河内で運営する認可保育園「さくら愛子園」が3月31日付けで廃園する意向を受け、海老名市役所で2月21日、市が保護者を対象にした説明会を開いた。内野優市長が「心配と混乱をさせてしまいお詫び申し上げたい」と謝罪した上で、市がさくら愛子園の園舎を利用し、運営していく方向性を示した。一部保護者からは不安の声を漏らす姿も見られた。

 市有地を巡る土地の使用貸借契約協議がまとまらないまま、春秋会が示す廃園期限が1カ月半と迫った13日、14日に行われた市主催の説明会では子どもたちの処遇が決まらず、保護者側が求めていたのは「市長の出席」。21日の説明会では、冒頭から市長が廃園への経過を説明し、今後の方針について述べた。

 市長は「19日に春秋会の本多理事長らと協議を行い、市が園舎を利用し運営していくという提案に双方が合意した」と説明。現在の在園児を対象に引き継ぎ運営していくとした。これにより、子どもたちの処遇案として春秋会が運営する「さがみ愛子園」と「ふたば愛子園」への転園、市が運営する新たな保育園を主とした行先を示すことになった。

 保護者からのバスの送迎や、希望園に入れるのかなどの課題に対して市は「各家庭によって、さまざまな条件があるのでまずは個別相談を受け、最終決定をしていく」と答えた。

 説明会を終えた保護者たちからは「土地問題は子どもたちとは関係がない」「子どもたちにストレスをかけないようにしていきたい」「転園をしたときに仕事ができるかが心配」「仲良しの友達と一緒の園に入れるのか」など、不安の声もあがっていた。

 市は個別相談会の案内と行先園の希望届を23日に対象者に送付。3月11日を申込みの締切とし、15日に園児の通園先を通知する予定だという。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

東京五輪内定を報告

座間市出身伊藤洸輝(ひろき)選手

東京五輪内定を報告 スポーツ

シンクロ高飛び込み

6月25日号

高齢者の接種進む

新型コロナワクチン

高齢者の接種進む 社会

最新状況まとめ

6月25日号

ワクチン接種で共助

綾瀬市綾西地区

ワクチン接種で共助 社会

回覧板で希望者募り、予約と送迎

6月18日号

「夢の学校」が始動

座間市50周年市民提案事業

「夢の学校」が始動 社会

“50人取材”を社会勉強の機会に

6月18日号

投てき2種目で県優勝

投てき2種目で県優勝 スポーツ

座間 吉沢花菜さん、3世代制覇

6月11日号

「人も、資金も集まらない」

座間市成人フェス

「人も、資金も集まらない」 社会

苦境でも伝えたいこととは…

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter