海老名版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

「精進生活」で心清く 社家の姉妹が料理本出版

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
姉の園部さん(左)と妹の中園さん。下写真は教室で出された料理
姉の園部さん(左)と妹の中園さん。下写真は教室で出された料理

 海老名市社家在住の園部曉美(あけみ)さん(66)と茅ヶ崎市在住の中園五月さん(63)の姉妹ユニットiori(いおり)が、初の料理本「おばあちゃんの精進ごはん」(全国発売中・1620円)を出版した。

妹が感動 すぐに姉も

 7人兄妹の長女と次女として生まれた2人は就職後、結婚や出産などで別々の人生を歩んでいた。姉の園部さんは東京のドレス科専門学校を卒業後、服飾デザイナー等を経て、趣味の範囲で料理教室を開いていた。そんな中、妹の中園さんが息子のママ友達から精進料理を紹介され、その感動を姉に伝えた。「さっちゃん(中園さん)から電話で。すぐに、いいなと思いました」と抵抗なく始めたという。3年前からは市内社家へ。同居の娘家族も含め6人が、園部さんの精進料理を日々食べている。

「精進生活」を伝承

 中園さんは「初めは出汁まで肉魚NGと知り、正直『えっ?』と思いました」と振り返る。「だけど『これを何で代用しよう』と考えると愉しくて」と園部さんが続ける。17年続けるこの精進料理を含め、ものの考え方や命の大切さを次世代に伝承するライフスタイルを姉妹は「精進生活」と呼んでいる。2人が開く茅ヶ崎の料理教室では、調理や食事時間を通してその概念が伝えられ、都心から参加する20・30歳代も多い。「今回の出版も、心を清くするこの生活が導いてくれた運命」と話す2人の笑顔が、この本の内容を物語っている。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

門出を地域一体で祝福

座間成人フェス

門出を地域一体で祝福 社会

クラウドファンディングも達成

6月18日号

長本会長を再任

長本会長を再任 社会

座間市商工会総代会

6月18日号

門沢橋の空き家に駄菓子屋

門沢橋の空き家に駄菓子屋 社会

「地域のよりどころに」

6月18日号

着付けを学ぶ

着付けを学ぶ 文化

中新田コミセンで

6月18日号

交通安全に役立てて

交通安全に役立てて 社会

海老名の教習所が市に寄付

6月18日号

感染対策徹底さらなる頂(いただき)へ

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter