海老名版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

3月8日まで行われている「ひなまつり展」につるし雛を出品した 飯島 邦子さん 河原口在住 70歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

ものづくりに夢中

 ○…江戸時代の母親たちが、高価だった雛人形の代わりに、ひと針ひと針縫い上げたとされる「つるし雛」を手作りし、河原口の「河の手ギャラリー」で行われている「ひなまつり展」に出品している。13年前、新聞記事で見かけたつるし雛に「可愛い!」と一目惚れした。「それ以来夢中になって、本を見ながら毎晩11時ぐらいまで作っていました。家にあるのも含めると、300体ぐらいできちゃった」と照れ笑いする。

 ○…7人兄妹の5番目として藤沢に生まれた。子どもの頃は、兄妹をおぶって友達と編み物をしていたという。大人になっても手芸好きは変わらず、茅ヶ崎の高級ブティックで洋服作りをした経験を持つ。「全てオーダーメイドのお店で、有名人もよく来ていた。デザインも特殊で難しかったけれど、あの時の経験で腕が上がったわ」と話す。結婚を機に第一線から退くも、「作業をしていないと落ち着かなくて」と、友人を集めては自宅でパッチワークや編み物教室を開いてきた。「編み目を間違えたら、ごまかさずにほどいてやり直さないと気が済まない」と話す姿から、ものづくりへのこだわりが感じられる。

 ○…「学ぶことと作ること、おしゃべりが好き」。気になった講座にはほとんど参加するなどフットワークの良さが特徴。そこで出会った仲間も大切にし、よく一緒に旅行に出かけているという。「講座や友達との約束で忙しくて、スーパーにはなかなか行けないんだけどね」と笑う。

 ○…「ひなまつり展」の会場でもある「河の手ギャラリー」は油絵好きの夫がオーナーを務めており、自身もよく作品を出展する。過去には同ギャラリーで自身のパッチワークと夫の油絵を展示した「2人展」を開催したことも。「お互い好きなことをやっているだけだから」と言いながらも「機会があったらまたやりたいね、2人展」と顔を見合わせる様子から仲の良さがうかがえた。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

古山 豊さん

10月30日から綾瀬市民展示ギャラリーで写真の個展を初開催する

古山 豊さん

綾瀬市吉岡在住 73歳

10月15日号

益淵 隆徳さん

海老名警察署の第17代署長に就任した

益淵 隆徳さん

海老名市大谷在勤 58歳

10月8日号

後藤 哲雄さん

座間市の芹沢公園での美化活動に貢献する

後藤 哲雄さん

座間市東原在住 83歳

9月24日号

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook