海老名版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

整備・運営事業者が決定 本郷の新ごみ処理施設

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
事業者が提案する新施設のイメージ図
事業者が提案する新施設のイメージ図

 海老名・綾瀬・座間の3市で構成する高座清掃施設組合(組合長/内野優海老名市長)が「再整備」を進めてきたごみ処理施設の整備・運営事業者が三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)に決定したと発表した。

 この施設では現在、1984年に完成した150トン炉と、92年に竣工した200トン炉の2基で可燃ごみを処理している。一般的に炉の耐用年数は30年程度とされており、2012年から施設整備検討委員会が立ち上がり進められてきた。

 同組合によると、事業者の選定は総合評価一般競争入札の方法がとられ、3社によるプレゼンのうち、最も高い発電効率や二酸化炭素排出量の削減による、循環型社会形成推進と温室効果ガスの削減に対する高い見込みや、地域コミュニティ、防災拠点としても機能を備えた施設を提案した同社に決定したという。

 新ごみ処理施設は2019年に完成し、同社が20年間の運営にあたる。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

27日に採決へ

職員定数40増案

27日に採決へ 政治

座間市議会 委員会は否決

9月24日号

スプリントで頭角

スプリントで頭角 スポーツ

中新田小4年 吉川悠真さん

9月24日号

大凧まつり中止

大凧まつり中止 社会

2年連続

9月24日号

タイムカプセル開封

タイムカプセル開封 社会

座間市が協力者募集

9月24日号

考えるきっかけに

外出支援

考えるきっかけに 社会

大上地区でグリスロ試乗会

9月24日号

オンライン譲渡会

オンライン譲渡会 社会

動物愛護センター

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook