海老名版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市内唯一の熱演に大歓声 神明社で「農村歌舞伎」

文化

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちが主要な役柄を務めた「白波五人男」のワンシーン
子どもたちが主要な役柄を務めた「白波五人男」のワンシーン

 市の重要無形文化財で、かながわの民俗芸能50選に選ばれている地芝居「大谷歌舞伎」が4月12日に神明社(大谷北)で行われた。

 これは大谷地区の芸能保存会(鈴木守会長)の公演プログラムの一つとして上演されたもの。かつて海老名市内に国分や上今泉、杉久保、社家など6つ存在したとされる「地芝居」も、昭和初期に相次ぎ衰退。大谷地区でも一時的に姿を消した歴史があるが、終戦後に戦地から復員した青年らが中心となり、復活。県内でも現在まで引き継がれているのは相模原の藤野地区、座間の入谷地区など、この大谷地区を含めわずか5つ。現在では希少な歌舞伎披露の場となっている。

観客から”御捻り”も

 12日の舞台では約20人のメンバーが「三番叟(そう)」「白波五人男」を熱演。各演目とも名場面のダイジェスト版ながら、日々の稽古の成果を精一杯披露する姿に、観客から御捻り(おひねり)が舞う一幕も。

 関係者は「なかなか見る機会が少ない農村歌舞伎を今後も守り続けていければ」と話し、大谷八幡宮(大谷南)で毎年秋に予定されている例大祭や、2年に1回のペースで実施されている市の文化祭などで上演していく方針を打ち出している。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

27日に採決へ

職員定数40増案

27日に採決へ 政治

座間市議会 委員会は否決

9月24日号

スプリントで頭角

スプリントで頭角 スポーツ

中新田小4年 吉川悠真さん

9月24日号

大凧まつり中止

大凧まつり中止 社会

2年連続

9月24日号

タイムカプセル開封

タイムカプセル開封 社会

座間市が協力者募集

9月24日号

考えるきっかけに

外出支援

考えるきっかけに 社会

大上地区でグリスロ試乗会

9月24日号

オンライン譲渡会

オンライン譲渡会 社会

動物愛護センター

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook