海老名版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

中新田ベアーズ 35年ぶりの優勝 攻守に冴え、市大会制す

スポーツ

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝し喜びを爆発させる選手たち
優勝し喜びを爆発させる選手たち

 第36回海老名市少年少女スポーツ野球大会の準決勝、決勝戦が4月19日に行われ、中新田小学校を拠点に活動する「中新田ベアーズ」(吉川慎一監督)が第1回大会以来の35年ぶり2回目の優勝を果たした。

 大会では市内の小学生野球16チームが参加。ベアーズは1、2回戦を突破し準決勝は「有馬レンジャーズ」と対戦。序盤のミスによる失点で3点を先行される苦しい展開から1点を返した5回裏、2死2・3塁から2番小畑輝家選手のレフト前タイムリーで1点差に詰め寄り、さらに四球で2死満塁の場面で、4番内田温也選手のセンターへの2点タイムリーで逆転に成功。この回、5点のビッグイニングとなり、結果6対3で決勝へと駒を進めた。

 迎えた決勝の相手は「海老名サンダース」。2回裏1死、主将の楜澤(くるみさわ)大地選手の3塁打からチャンスが生まれ、相手のミスを誘い1点を先行。中盤は両チームともチャンスを作れず膠着状態が続く中、6回表では1死2・3塁のピンチを迎えるも小畑輝家・慶祐選手の兄弟バッテリーが打たせて獲りピンチを凌ぎ、そのまま1点を守りきり、完封で優勝を飾った。

 吉川監督は「大会を通じて選手たちが精神面で非常にたくましく、粘り強くなったことに感心させられました。決勝戦でのプレーは今後にも大きな自信になると思います。また、本大会においては私自身が監督2年目の7年前の決勝戦で、4回コールド負けを喫しており、非常に思い入れの強い大会で悲願の優勝を果たすことが出来、こみ上げて来るものを抑えられませんでした。頑張った選手・スタッフ・保護者等関係者に感謝したい」と大会を振り返った。

 楜澤主将は「この仲間と目標にしていた優勝が出来て本当に嬉しい。次の大会も優勝を目指して頑張ります」と抱負を語った。

 ベアーズは5月下旬に行われる「全日本学童野球大会」の県大会で海老名市代表として挑戦する。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

常任委員会が否決

座間市職員定数改正案

常任委員会が否決 社会

提案のプロセスを問題視

9月17日号

創部初の全国出場へ

海老名中吹奏楽部

創部初の全国出場へ 教育

県勢としても6年振り

9月17日号

川のゴミを毎日清掃

栗原中央在住多賀輝夫さん

川のゴミを毎日清掃 社会

1日で「軽トラ一台分」回収も

9月10日号

全国大会で健闘

中学生ゴルフ

全国大会で健闘 スポーツ

新地さん2位、山崎さん3位

9月10日号

柔道で「全中」優勝

ナコスティン王未土さん

柔道で「全中」優勝 スポーツ

座間在住 東海大相模中3年

9月3日号

自宅療養者支援を強化

海老名市コロナ対策

自宅療養者支援を強化 社会

10人増員で30人体制に

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook