海老名版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

木材塗装研究会の会長を務める 戸山 顕司さん 大谷北在住 74歳

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena

人と出会い魅力高める

 ○…50年以上続く研究会では、製造や商社など塗料・塗装を扱う専門家をはじめ、大学や公的研究機関も揃う中、会員の中で最年長ながらも先頭に立ち、全国の木材塗装の技術向上を目的に、情報交換や研修、講座開催などを行い、日々研鑽しながら技術の周知を図っていく。「塗装を例えるなら『女性の化粧』と同じですね。素材の良さを引き出し、魅力ある表情へと仕上げるものです」

 ○…自家工場を持ち家具の製造から販売、アフターケアまで行う今里の「(有)戸山家具製作所」の会長も務める。”親方”と呼ぶ父が創業し、幼少時代は職人らと寝食と共に暮らした。高校を卒業後、2年の修行期間を経て入社。26歳のとき、知人の紹介で「洋家具塗装の神様」と呼ばれる指導者に出会ったのを機に塗装の虜に。「この人が私の”師匠”になります。話を聞きたい一心で、車で自宅まで送る際にはわざと信号に引っかかるなんてこともしたもんです」と頬をゆるませる。その後もアメリカの家具塗装の基礎を作った人物やオイルフィニッシュを日本に紹介した人など、最先端で活躍する人らとの出会いが大きな成長につながっていった。

 ○…育った環境もあり、学生時代の図工はお手の物。作りがあまりに精巧に出来ていたため、当時の教諭は本人が製作したものとは認めないほどだった。「成績に10を付けてくれないのは悔しかったね。先生が作品を気に入って持っていかれちゃったりも」と笑い飛ばす。人との出会いや出来事に対して、どの話も鮮明に記憶しており、次々に話題が飛び出してくる。

 ○…出来が悪いと商品を壊すほど仕事には特に厳しい父がくれた筆箱には「真心」の文字。「家具は人生で言えばキャンバス。傷もシミも付くでしょう。それが家族の一員としての思い出です。心を込めてモノを作る大切さを伝えたかったんだと今は思いますね」と思いを巡らせていた。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

倉橋 正美さん

海老名市議会議長に就任した

倉橋 正美さん

海老名市国分南在住 65歳

11月27日号

山口 慎二さん

来年1月に就労継続支援B型事業所を開所する

山口 慎二さん

海老名市杉久保南在住 59歳

11月20日号

内山 敦子さん

「えびなのわだち」の発起人で副代表を務める

内山 敦子さん

海老名市河原口在住 42歳

11月13日号

関山 厚子さん

乳がん治療のクラウドファンディングを応援し、地域で周知活動をする

関山 厚子さん

座間市入谷東在住 58歳

11月6日号

柳沼 康二さん

今年度、大和税務署の署長に就任した

柳沼 康二さん

 56歳

10月30日号

吉田 義人さん

座間市議会の議長に就任した

吉田 義人さん

座間市ひばりが丘在住 52歳

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク