海老名版 掲載号:2015年7月3日号
  • googleplus
  • LINE

中央在住高原さん 「絵本の主人公に命名を」 養護施設の児童に呼掛け

社会

協力者の永井さん(左)と笑顔を見せる高原さん(右)
協力者の永井さん(左)と笑顔を見せる高原さん(右)
 児童養護施設の子どもたちが役割を持つことによって自己肯定する力を養ったり、絵本に携わることで未来を想像するきっかけを得てもらおうと、市内中央在住の高原和樹さん(27)らが、製作した絵本のキャラクターの名前を命名してもらおうと企画している。

模索の末 本製作

 高原さんは製薬会社に勤めるごく普通の一般市民。しかし昨年秋、海老名市立中央図書館に「書評を対戦させる」という他エリアで人気のイベント開催を提言し、これを実現。市民多数参加の下、成功を収めるなど市内でもユニークな存在として知られている。

 昨年12月からは県内の児童養護施設に学習支援ボランティアとしても従事。活動を通じて養護施設に暮らす児童の大半が虐待やネグレクトによって入所し、愛情不足から自己否定に陥る子が多い現状を知ると「何かできることはないか?」と模索。ともにボランティア活動をしている絵本作家の永井みさえさん(藤沢市在住)と協力し、自己存在の肯定を意識してもらう「絵本」の製作に着手した。

県下32施設で公募

 「出来ない事があっても明るい未来がある」という作者からのメッセージが盛り込まれたこの絵本のタイトルは「てをつなごう」(A4サイズ・24ページ仕様)。

 今後は県内32の児童養護施設で、主人公のたぬきときつね=写真=の名前を公募し、施設ごとに命名。それぞれ名前の異なる主人公を作中に登場させる。

 今回、公募制にした理由については「施設内での相談などを通じて物事を自発的に決定する力や、施設外への関心を高め、児童の成長を促すため」と説明。完成した絵本は1千部出版して施設に提供するほか、市内店舗や企画中のイベント等で販売される予定。売上げは寄付に充てるという。

 高原さんは「一生懸命考えたことは否定されるべきではなく、形に残してあげたい。ひとりでも多くの子ども達が明るい未来を想像したり、夢を持つきっかけになれば」と期待している。

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク