海老名版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

戦後70年を問う 手紙に込めた「思い」とは 郷土資料館で「企画展」

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena
貴重な「軍事郵便」など64点を展示
貴重な「軍事郵便」など64点を展示

 1945年(昭和20年)8月15日の終戦から、今年で70年の節目を迎えるにあたり、海老名の郷土資料館「温故館」(国分南1-6-36【電話】046・233・4028)で企画展「戦地からの手紙〜故郷海老名への思い〜」が行われている。

9日には解説も

 8月16日(日)までの期間、連日午前9時から午後5時15分まで開催されているこの展示は入場無料。市民から寄贈された「軍事郵便」と呼ばれる手紙や、同館所蔵の資料などを基に、戦地に赴いて行った地元の兵士が「”故郷・海老名”や自身の家族にどのような思いを寄せ行動していたか?」を来場者と共に考える主旨となっている。特に今回は、初の試みとして国分南から衛生兵として従軍した石井重夫氏(当時20歳)が、実家に充てた手紙やハガキを中心に内容を構成。8月9日(日)には、こうした展示物について詳しい解説を聞く事ができる館内ガイドツアー的な企画も行われる。(午前10時からと午後2時からの2回、事前申込不要)。

 同館スタッフは「石井氏の手紙には、兵士の等身大の気持ちが素直な言葉で表されています。こうした貴重な資料を通じ、地元(海老名)における『戦後70年』を改めて振り返り、平和の大切さを再確認する場として、市民の方々に利用してもらえれば」と話し、多くの参加を呼び掛けている。

「広がり」市内各所へ

 また海老名市では同様の事業として「平和を語り継ぐパネル展」を市役所1階のエントランスホールで実施しているほか、文化会館で8月15日(土)に開かれる「平和のつどい」では、平和を願う市民が一堂に会し、交流を図る。

 さらに、国分寺台在住の元高校教諭・亀井博さん=今号・人物風土記=が、教師時代に生徒を連れて頻繁に訪れた広島で感銘を受けた「原爆に被爆した一人の少女の日記」をまとめた本を上梓。戦後70年を機に、官民が一体となり、市民に今一度「平和とは?」「戦争とは?」などを問う取り組みが、市内各所で広がりをみせている。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

海老名版のトップニュース最新6

渡邊選手(国分南在住)日本代表に

ドッジボールW杯アジア予選

渡邊選手(国分南在住)日本代表に スポーツ

市内で唯一選出

10月11日号

ベイジュニアに選出

海老名フレンズ酒井友成選手

ベイジュニアに選出 スポーツ

800人参加の選考通過

10月11日号

議会基本条例を制定

議会基本条例を制定 政治

「最高規範」全25条に

10月4日号

地域の足、実証運行始まる

地域の足、実証運行始まる 社会

南部地域の不便さを解消

10月4日号

市内小中生3人が入選

カナガワビエンナーレ国際児童画展

市内小中生3人が入選 文化

応募総数2万7千点から

9月27日号

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ

海老名市長選

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ 政治

「多選・無投票を阻止」

9月27日号

井上さん(上今泉在住)が4連覇

かかしまつり

井上さん(上今泉在住)が4連覇 文化

制作のコツは「愛情込める」

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域での生活を考える

地域での生活を考える

講演や意見交換会を実施

10月27日~10月27日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク