海老名版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

台風18号 大雨の影響 市内にも 相模川、一時立入り禁止に

社会

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
ピーク時は橋脚の最上部付近まで増水した
ピーク時は橋脚の最上部付近まで増水した

 茨城県や宮城県で堤防が決壊するなど、全国的に甚大な被害をもたらした台風17、18号。海老名市でも、9月9日に台風18号が接近し土砂災害が懸念され、1564世帯に避難勧告が発令された。また相模川の水位も大幅に上昇し、関係者らは対応に追われていた。

 朝方から激しい雨に見舞われた9月9日。海老名市内でも特に山沿いの地域で土砂災害が危惧され、54区域に避難勧告が発令。合計1564世帯、3900人が対象となり、小中学校は全て休校となったが、幸いけが人が生じるなどといった実質的被害はなかった。

 一方、避難勧告が出されなかった平野部(河原口や上郷など)でも、付近を流れる相模川の水位が大幅に上昇。上流にある城山ダム(相模原市)の放水の影響によるもので、上郷の「県立相模三川公園」(上草野邦弘園長)では、河川敷の野球グラウンドがあわや水浸しといった状況に陥った。

 こうした状況を受け園側では「水害の危険性がある」と判断。土手にバリケードを設置し、一時的に河川敷への立入りを禁止した。

 しかし同所は日頃、自由に出入りできる「憩いの場」として親しまれているエリアのため、川の様子を一目見ようと、このバリケードを越えて侵入してしまう人が続出。二次被害に繋がる恐れも高かった事から関係者は「掲示物の文言や表現を強めるなどして、危険性の周知を徹底していきたい」などと今後の対応策を示唆。同様に城山ダムの放流については最新情報を広く伝える「電光掲示板」が新設されるものとみられている。

釣りの際も注意を

 今年7月に台風11号が発生した際には、増水により、この川(中新田付近)に男性が取り残される水難事件も発生している。相模川は鮎釣りのメッカとして知られ、10月中旬まで釣り客が多く訪れることもあり、市危機管理課は「悪天候の日はなるべく川に近づかないように」と話している。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

夢と希望に満ちた明るい1年に

2021(令和3)年3市長 年頭所感

夢と希望に満ちた明るい1年に 社会

1月1日号

プロ入りを報告

東北楽天藤井投手

プロ入りを報告 スポーツ

1年目の目標は「新人王」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク