海老名版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

中央図書館指定管理業者 「TRC」連携解消か 運営巡り考えに”ズレ”も

社会

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
改装したばかりの中央図書館
改装したばかりの中央図書館

 大手レンタルソフト店を運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」と共に、海老名市立中央図書館(市内上郷)の指定管理を担っている「(株)図書館流通センター(TRC)」が「CCCとの協力関係を解消する意向を示している」と10月27日、一部メディアで報じられた。

 中央図書館は大幅リニューアルを経て10月1日に開館。CCCが運営する佐賀県の武雄図書館に続き全国2番目の「ツタヤ図書館」として話題を集めている。

 市は、CCCとTRCの共同事業体を同館の管理業者に指定。しかし報道によれば、図書館運営は同所を含め2カ所目と実績に乏しいCCCと、全国400館以上の図書館運営を任され、選書や企画についても豊富なノウハウをもつTRCとの共同事業体にも関わらず、中央図書館の実質的な運営は、ほぼCCCが担当している状況だったという。

 こうした実情を踏まえ、今回TRCが解消を検討している背景には理念の違いや役割分担の考え方にズレがあったのではないかと見られている。連携解消の一報を受け海老名市の担当課では「(10月27日現在)そういった話は聞いていない」とコメントしている。

 TRCとCCCによる図書館の共同運営については、愛知県小牧市でも予定されていたが先頃、世間を賑わせた「選書問題」等もあり行政がその意向を問う住民投票を実施。結果、反対多数となったため契約解消が決まった経緯もある。

背景に「主導権争い」?

 カフェや書店の併設など、CCC色を色濃く反映した中央図書館は、リニューアルオープン後、わずか2週間で来館者4万人を突破。本の貸出冊数も改修前と比べ2倍以上となるなど一見順調に運営されている。だが前出の武雄図書館と同様、書棚の中から不適切な図書が発見される「選書問題」が、ここでも発覚。さらにTRCが得意とする「蔵書の分類」についても独自性を追求するあまり、CCCが一般的な図書館とは異なる配架方法を採用。「本が見つけにくい」等のクレームの要因になっていた。

 関係者は「連携解消の有無に関わらず、オーソドックスな図書館運営を手掛けてきたTRC側が相当不満を募らせているのではないか」と分析している。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

夢と希望に満ちた明るい1年に

2021(令和3)年3市長 年頭所感

夢と希望に満ちた明るい1年に 社会

1月1日号

プロ入りを報告

東北楽天藤井投手

プロ入りを報告 スポーツ

1年目の目標は「新人王」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク