海老名版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

海西中 「カイチュー」石像除幕 生徒考案のイメージキャラ

教育

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
生徒会役員とデザインした外山さん(右から2人目)
生徒会役員とデザインした外山さん(右から2人目)

 海西中学校で11月21日、生徒会企画によって誕生した同校のイメージキャラクター「カイチュー」石像の除幕式が行われ、生徒会関係者や教職員が出席する中、新たなモニュメントの誕生を祝った。同校によると、公立の中学校が独自のキャラクターを決め、石像を制作するのは全国でも珍しいことだという。

 同校生徒会執行部は昨年、「ゆるキャラが全国的に人気を集めているので、海西中でもイメージキャラクターを作成しよう」と提案。生徒からキャラクターの原案を公募し、30通以上が集まった。

 その中から”より海西中のイメージに合ったもの”を選ぶためにアンケートを実施し、外山千絵さん(3年)がねずみをモチーフにデザインした「カイチュー」に決定した。

「象徴とし伝えたい」

 その後、同校の玄行良治教頭が海老名市役所などに設置されている「えび〜にゃ像」からヒントを得て、これらを手掛けている上今泉の望月石材店に依頼し石像化も決定した。

 除幕式では、生徒会長の田代優華さん(3年)が「昨年の生徒会テーマが”Action”だったということもあり、新しいことに挑戦できて良かった」と挨拶。石像がお披露目されると、出席していた生徒や教職員から大きな歓声が上がった。

 「カイチュー」をデザインした外山さんは「たくさんの応募があったので、まさか自分のキャラが選ばれるとは思わなかった。皆が興味を持ってくれ、石像にまでして頂きとても嬉しい」とコメントした。

 同校では、既に「生徒会新聞」などの刊行物にカイチューのイラストを積極的に使用しており、今後はイラストが描かれたフラッグも作成予定。体育祭などで使用していく計画だという。

 玄行教頭は「海西中の象徴としてこれから長く伝えていければ」と話している。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

「誰一人取り残さない社会へ」

「誰一人取り残さない社会へ」 政治

佐藤市長が初の所信表明

12月4日号

職員給与引き下げへ

海老名市

職員給与引き下げへ 政治

21年4月から、市長ら特別職も

12月4日号

プレミアム付商品券発行へ

座間市

プレミアム付商品券発行へ 社会

2月中旬利用開始予定

11月27日号

国登録有形文化財に

海老名市上郷嶋崎家住宅

国登録有形文化財に 社会

市内2例目、主屋と離れ2棟

11月27日号

おでんナイト本日開催

海老名駅西口

おでんナイト本日開催 コミュニティ文化

すぐそばでイルミ点灯式も

11月20日号

早期治療で疫病退散

栗原神社シラカシの木

早期治療で疫病退散 文化

樹齢530年、ナラ枯れ回避

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク