海老名版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

アフリカ大陸の最高峰であるキリマンジャロ登頂に成功した 齋藤 佳憲(よしのり)さん さつき町在住 16歳

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

7大陸制覇へ「まだ通過点」

 ○…16歳の少年は、山頂で高々と日の丸を掲げた。「何よりほっとしました」。昨年9月、季節外れの大雪に見舞われ、泣く泣く断念したアフリカ大陸最高峰の舞台。高校生活や資金集めのアルバイトと忙しい中、トレーニングを必死に重ね、確かな自信を胸にリベンジを果たしてみせた。「昨年は怖くて辛かった。けど、今のキリマンジャロは自分にとって苦しい山ではなかった」と振り返る。

 ○…中学3年生の頃、登山家・野口健さんの自伝「落ちこぼれてエベレスト」を読み感銘を受けた。そこには、苦労を重ねながら世界7大陸の最高峰(7サミット)制覇をめざす過程が綴られていた。それまで取り組んでいた空手を辞めるなど、何をやっても中途半端だった自分。そんな自身の姿を作品に投影した。「自分には何が出来るだろう」。大嫌いな自分を変えようと、7サミット制覇を目標に掲げた。毎日のトレーニングや山小屋でのアルバイトなど、血の滲むような努力が少年を強くさせた。

 ○…幼い頃から絵画など美術が得意なこともあり、次第に映像制作に力を注ぐようになった。弥栄高校に進学したのも、映像表現を深く学び、将来撮影の仕事に携わりたいと考えたから。大学は、アメリカにあるトップレベルの映像系の専門学校への進学を希望。「将来のために、英語の授業を頑張りたい。テストは赤点ギリギリなんですけどね」

 ○…大きな夢が2つある。日本人最年少記録となる21歳での7サミット制覇。そして、各大陸をまわり、見るものの心を打つ映像作品を作ること。「キリマンジャロはあくまで通過点。次はオーストラリアのコジオスコに挑戦します」と意気込む。何も成し遂げられなかった過去の苦汁を、エネルギーへと変えた。「自分を好きになれた?まだ分からない。けど、続けていく中でそう思える日が来るのかな」。16歳での快挙を成し遂げた少年が、その歩みを止めることはない。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

峯尾 晃さん

第49回県施設野菜共進会で農林水産大臣賞を受賞した

峯尾 晃さん

綾瀬市上土棚南在住 66歳

5月15日号

荒井 政晴さん

海老名警察署の第16代署長に就任した

荒井 政晴さん

海老名市大谷在勤 58歳

4月17日号

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク