海老名版 掲載号:2016年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

小田急ロマンスカー 「記念入場券」を作成 海老名駅で数量限定販売

社会

オリジナル台紙のデザイン
オリジナル台紙のデザイン
 特急ロマンスカーが3月26日(土)から海老名駅と伊勢原駅に停車することを記念して、小田急電鉄(株)(山木利満社長)が「停車記念入場券セット」を3月19日(土)から両駅で販売する。券面には発着する車型の一部がデザインされている。

 これは海老名・伊勢原両駅の入場券各1枚と、オリジナル台紙がセットになったもの。券面にはVSE(50000形)とMSE(60000形)がデザインされており、260円で販売される。

 同社では、これまでにもロマンスカー・VSE(50000形)10周年の際や、2013年の下北沢駅改装完了時などに、同様の入場券を発売している。いずれも好評を博しており、発売当日に完売したこともある。

 今回も両駅で3000セット限定販売ということもあり、同社では「早い段階で売り切れる可能性があるので、希望者は早めの購入を」と話している。

時刻表 HPで発表

 小田急では今年2月末、海老名駅発着ロマンスカーの時刻表をホームページで発表し、乗車券予約受付を行っている。同社によると初日となる26日は順調に埋まりつつあり、特に1本目は上下線共に人気を集めているという。

 これらの状況から、「この日は多くの市民や鉄道ファンが、停車している姿を見ようと訪れるのでは」と担当者は話している。

長年かけ停車実現

 海老名駅への特急停車は、市民にとって「念願」だった。1981年からの各自治体と鉄道事業社による会議に始まり、市はその都度要望を出してきたが、ダイヤ編成の問題や、近接する本厚木駅に停まることなどから、市が電鉄側から前向きな回答を引き出すことができなかった。

 その後、2009年に市民の要望を受け、市が「海老名駅ロマンスカー実現市民会議」を発足。公共施設や街頭などで署名を呼びかけ、翌10年には23万人以上の署名を電鉄側に提出した。

 これらの30年以上にわたる活動に加え、駅西口エリアや駅間地区の開発、圏央道開発など周辺地域からの誘引力を持つ「中核駅」と位置付けられたことなどから昨夏、停車が決定。同社では、小田急線ほか2路線が乗り入れる県央地区のターミナル駅にロマンスカーを停車させることで、更なる交通利便性の向上を図り、地域の発展に貢献するとしている。

券には発着する車型の写真を掲載
券には発着する車型の写真を掲載

海老名版のトップニュース最新6件

初の市親善交流大使に

DA PUMPメンバーKENZO氏

初の市親善交流大使に

9月21日号

「神奈川がんばる企業」認定

市内2社

「神奈川がんばる企業」認定

9月21日号

世界3位の快挙

杉久保小出身山口さん所属ダンスチーム

世界3位の快挙

9月14日号

ミズオオバコが開花

絶滅危惧種

ミズオオバコが開花

9月14日号

陸上競技場の改修整備へ

市議会9月定例会

陸上競技場の改修整備へ

9月7日号

杉久保小、開校40周年

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

えびフェス、24日に開催

ダンスコンテスト

えびフェス、24日に開催

海老名駅西口中心広場で

9月24日~9月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク