海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

海老名市 13万人達成祝う 人口、半世紀右肩上がり

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
達成を記念した
達成を記念した

 海老名市民の人口が初めて13万人を超えたことを記念して4月26日、市役所で式典が開かれた。市制が誕生した1971年以降右肩上がりで増加しており、88年の10万人到達以降も93年には11万人、2003年には12万人と順調に数をのばしていた。

 式典は、今年3月30日の住民異動で13万58人を記録したことを受け、同日に出生届を提出した家族を招待し執り行われた。あいさつに立った内野市長は「賑わいのある海老名で健やかに成長してもらいたい」と話し、出席した家族に記念証書を手渡した。

 市によると、鉄道3社の乗り入れや圏央道開通など交通の利便性に加え、海老名駅西口地区の「まち開き」など、市の魅力が高まっていることなどが増加の要因として考えられるという。小田急鉄(株)が開発を進めている駅間地区の大型マンションの建設計画があることなどから、今後も人口増を見込んでいる。

2060年まで維持

 一方で、全国的に進む少子高齢化は海老名でも課題になっており、長期でみると人口は減少していくと予想されている。これを踏まえ、市では子育て環境の充実や婚活支援、安全安心なまちづくり、市外へ向けたシティプロモーション活動などを展開する施策「人口ビジョン・総合戦略」を昨年2月に策定。出生率の向上や転入の促進を図り、2060年の目標人口を12万9千人に維持するとしている。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク