海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

高齢者向け給付金 1人3万円を支給 8千人に申請書を発送

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市は、低所得の高齢者に国が一律3万円を支給する「高齢者向け給付金」の申請受付を5月9日から開始した。対象と思われる市民8千人に申請書を発送しており、広報などを通して手続きの周知を行っている。

 同給付金は、政府が掲げる「一億総活躍社会」実現に向けた事業の一つ。賃金引上げの恩恵を受けにくい低所得高齢者を支援し、全体を底上げすることで個人消費を下支えすることを目的にしている。2015年度分の住民税が非課税で、今年度中に65歳以上になる人が対象になる(表参照)。

 海老名市でも昨年度の補正予算で事業費を計上し、実施する。手続き期限は8月9日まで。申請書発送や受付時期は各自治体で異なり、県内では4月中旬から5月中旬にかけ受付けを始めるところが多いという。 4月に入り制度周知を図るテレビCMや新聞報道が増えたことを受け、市給付金担当課には制度自体の内容や支給要件を尋ねる市民からの問合せが増加。受付開始と同時に設置した専用コールセンター(【電話】046・235・6800)にも初日から100件近い問合せが殺到したという。

 一方、海老名警察署では「こういうタイミングで、振り込め詐欺が必ず増加する。個人情報を聞いてくる電話には注意して下さい」と呼び掛けている。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク