海老名版 掲載号:2016年5月20日号
  • googleplus
  • LINE

市文団連 次世代につなぐ文化 創立60周年記念し式典

文化

総踊りを披露
総踊りを披露
 市内の文化発展に寄与する活動を続けている「海老名市文化団体連合会」(佐藤よし江会長)が創立60周年を記念し、5月29日(日)に式典を開催する。当日は舞踊団体の代表者が流派の垣根を超え「総踊り」を披露するほか、落語家・立川晴の輔氏の公演などが行われる。

 同会は市内で活動する文化団体の連合組織で、約530人が所属している。1956年に短歌と俳句の団体が発足させた「海老名町文化協会」が始まりだった。

 その後、海老名小学校で文化祭(現市民文化祭)を開催するなど活動が盛り上がり始めたことから、72年に名称を「市文化団体連合会」に変更。創立40年を迎えた96年には最盛期となり、会員数は約860人まで膨れ上がった。

 現在は、日本舞踊や三曲、茶道、盆栽など12部会に分かれ毎年春と秋に文化祭を開催し、市民に活動の魅力を伝えている。

流派超え初の試み

 創立記念式典では、過去の写真や活動紹介動画が上映されるほか、所属団体代表者らが流派の垣根を超え共に踊る初の試み「総踊り」を披露する。

 また、立川志の輔門下の真打ちで、テレビなどにも出演している立川晴の輔氏の落語公演も行われる。

 佐藤会長は「先人たちが積み重ねてきた団結力と努力の賜物として、今の団体があります。次世代に文化を継承していくことは、とても大切なこと。各団体が日頃の成果を発表する場になっているので多くの方に見て頂き、文化の高揚になれば幸いです。ぜひ、会場にお越し下さい」と呼び掛けている。

 記念式典と同時に開催される「春季文化祭」は5月28日(土)・29日(日)の午前10時から午後4時まで。場所は海老名市文化会館。問合せは市文化スポーツ課【電話】046・235・4797へ。

ゲストに招かれる立川晴の輔氏
ゲストに招かれる立川晴の輔氏

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のトップニュース最新6件

22日は「市民まつり」へ

ごみ有料化の方針公表

海老名市

ごみ有料化の方針公表

7月20日号

市が保険料負担

認知症徘徊対策

市が保険料負担

7月13日号

類似ブロック塀、撤去へ

海老名の将来を考えよう

地域貢献に高評価

海老名銘酒開発委員会

地域貢献に高評価

7月6日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統文化の継承へ

伝統文化の継承へ

尺八団体が定期演奏会

7月23日~7月23日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク