海老名版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

県立相模三川公園の「野鳥観察会」で指導員を務めている 坂本 堅五さん 今里在住 72歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

自然に魅了され40年

 ○…相模三川公園をはじめとした、県内各地の公園で定期的に行われている「野鳥観察会」や、市内の愛好家が集う「海老名野鳥観察の会」などで指導員として活躍する。自然に関する豊富な知識が評判を呼び、多方面から引っぱりだこの毎日。「好きでやってきたことを、多くの方に役立てられるのは幸せです」と微笑む。

 ○…野鳥に関心を持ったのは、神奈川県の職員として勤務する中で、40年前に自然保護関連の部署に異動したのがきっかけ。創設間もない部署で資料が少なかったため、休日を使い、カメラ片手に野鳥や動物を探し県内各地を歩き回った。写真を撮り、図鑑と照らし合わせ、種類や生体にも詳しくなるにつれ、楽しさに目覚め始めたという。1991年に海老名市が「市の鳥」を決定する際には、選定委員として呼ばれるまでに。結果、自身が推薦した「カワラヒワ」が認定された。「可愛らしく身近な鳥で、『よく目をつけたね』と仲間に今も褒められます。寒川の『町の鳥』の選定にも携わらせて頂いたんですよ」とはにかみながら語る。

 ○…音楽にも通じ、フラメンコギター奏者としても精力的に活動中。自身が所属するグループ「ロス・アミーゴス」は今年で結成12年を迎え、介護施設や市内外のお祭りなどでステージに上る。「ギターは10代の頃の趣味。子育てが落ち着き、仲間と『またやりたいね』と言って始めました。敬老の日などに施設を巡ることもあります」と話す。

 ○…日課は、カメラ片手に鳥を探しながら歩くことで、三川公園や綾瀬の蟹ヶ谷公園がお気に入りスポットなのだとか。野鳥観察の魅力は「自然の仕組みが分かり、心が豊かになること。空気の良い場所を歩くと健康にも繋がりますので」。観察会や環境関連の講演会、ギターなど忙しく過ごす日々だが「頼まれ事にはできるだけ応えたい。声を掛けてもらえるうちは頑張ります」と意欲を見せた。

海老名版の人物風土記最新6

伊左次 雄介さん

アジアコンバットレスリング選手権大会で優勝した

伊左次 雄介さん

国分北在住 28歳

11月15日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

55歳

11月8日号

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

演劇と音楽と格闘が融合した「魔界」で主要キャストを務める

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

東柏ケ谷出身 30歳

11月1日号

関 敏幸さん

神奈川県石油協同組合高座支部の支部長を務める

関 敏幸さん

国分寺台在住 57歳

10月25日号

本多 敬太郎さん

「ハロウィンフェスタinエビナ2019」の実行委員長を務める

本多 敬太郎さん

上今泉在住 39歳

10月18日号

丸山 洋一郎さん

10周年記念演奏会を開催する「アンサンブル楓」の代表を務める

丸山 洋一郎さん

74歳

10月11日号

永岩 美香さん

接客コンテスト関東・甲信越大会で審査員特別賞を受賞した

永岩 美香さん

扇町在勤 29歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

海老名演劇鑑賞会海老名演劇鑑賞会 11月20日に最終回11月20日に最終回

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

11月20日~11月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク