海老名版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

県立相模三川公園の「野鳥観察会」で指導員を務めている 坂本 堅五さん 今里在住 72歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

自然に魅了され40年

 ○…相模三川公園をはじめとした、県内各地の公園で定期的に行われている「野鳥観察会」や、市内の愛好家が集う「海老名野鳥観察の会」などで指導員として活躍する。自然に関する豊富な知識が評判を呼び、多方面から引っぱりだこの毎日。「好きでやってきたことを、多くの方に役立てられるのは幸せです」と微笑む。

 ○…野鳥に関心を持ったのは、神奈川県の職員として勤務する中で、40年前に自然保護関連の部署に異動したのがきっかけ。創設間もない部署で資料が少なかったため、休日を使い、カメラ片手に野鳥や動物を探し県内各地を歩き回った。写真を撮り、図鑑と照らし合わせ、種類や生体にも詳しくなるにつれ、楽しさに目覚め始めたという。1991年に海老名市が「市の鳥」を決定する際には、選定委員として呼ばれるまでに。結果、自身が推薦した「カワラヒワ」が認定された。「可愛らしく身近な鳥で、『よく目をつけたね』と仲間に今も褒められます。寒川の『町の鳥』の選定にも携わらせて頂いたんですよ」とはにかみながら語る。

 ○…音楽にも通じ、フラメンコギター奏者としても精力的に活動中。自身が所属するグループ「ロス・アミーゴス」は今年で結成12年を迎え、介護施設や市内外のお祭りなどでステージに上る。「ギターは10代の頃の趣味。子育てが落ち着き、仲間と『またやりたいね』と言って始めました。敬老の日などに施設を巡ることもあります」と話す。

 ○…日課は、カメラ片手に鳥を探しながら歩くことで、三川公園や綾瀬の蟹ヶ谷公園がお気に入りスポットなのだとか。野鳥観察の魅力は「自然の仕組みが分かり、心が豊かになること。空気の良い場所を歩くと健康にも繋がりますので」。観察会や環境関連の講演会、ギターなど忙しく過ごす日々だが「頼まれ事にはできるだけ応えたい。声を掛けてもらえるうちは頑張ります」と意欲を見せた。

海老名版の人物風土記最新6

小山 篤史さん

「雪でアソビナ」を企画・運営する

小山 篤史さん

上今泉在住 40歳

7月19日号

柳下 泰介さん

海老名市自治会連絡協議会の会長を務める

柳下 泰介さん

東柏ケ谷在住 71歳

7月12日号

岩崎 文飛さん

ザ・ウィングス海老名の総支配人を務める

岩崎 文飛さん

中央在勤 33歳

7月5日号

橋本 賢司さん

海老名ゆめクラブ連合会の会長を務める

橋本 賢司さん

本郷在住 80歳

6月28日号

曽根 玄之信さん

地域情報紙「いいとこ発見!はなの散歩道」を創刊するソウゲンブラザーズの代表

曽根 玄之信さん

中野在住 43歳

6月21日号

平賀 進さん

有馬図書館の館長を務める

平賀 進さん

門沢橋在勤 56歳

6月14日号

福井 敦さん

NPO法人「海老名ガイド協会」の会長に就任した

福井 敦さん

国分南在住 73歳

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で楽しむ夏祭り

親子で楽しむ夏祭り

7月24日、国分寺台で

7月24日~7月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク