海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

自作の鉄道模型とジオラマで運転会を行う 吉田 富夫さん 上郷在住 74歳

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

豊かな発想が彩る世界

 ○…ボール紙やスポンジを素材に作られた本物さながらのジオラマ。そこに配置された中央公園の「七重の塔」や有鹿神社の間を鉄道模型が颯爽と走り抜ける―。今月末、作りためた作品を厚木駅近くの「河の手ギャラリー」に展示し、運転会を開催する。「ぜひ、実際に走らせて楽しんで欲しい。壊したっていい。また直せば良いだけだから」と微笑む。

 ○…昔からものづくりが得意で、大手電機メーカーに就職し、真空管の製造に携わっていた。鉄道模型に夢中になったきっかけは、2人の子どもが幼い頃にさかのぼる。「おもちゃは買うものではなく、作るもの」という教育方針のもと、ゲームはプログラミングから始め、プラレールを欲しがれば生活雑貨を使いゼロから模型を作成した。子どもに想像力と工作力を身に付けさせることが目的だったが、ジオラマで海老名の街を再現したり、山間部を走る電車をスイッチバック式にするなど細部にこだわるうち、いつの間にか自分の趣味になっていった。

 ○…ものづくり以外にも、水墨画や野生植物の保護活動など、幅広い趣味を持つ。秦野市出身で、幼い頃から丹沢に登っていたこともあり、登山には特に力を入れているという。最近、57年かけて日本百名山を制覇した。休日は山で過ごすことが多く、「ちょっと散歩に行ってくる」と言ってふらりと県外の山に出掛けるなど、アクティブに趣味を楽しんでいる。

 ○…海老名の魅力は「市内各所に自然と歴史があるところ」。本郷にある名木「なんじゃもんじゃの木」からインスピレーションを受けて名付けた作品「なんじゃもんじゃ鉄道」など、郷土への愛着がにじむ。街並みや歴史をジオラマに再現することも楽しみの一つで、今後は市内の神社・仏閣の模型を増やしていきたいそうだ。「健康で趣味を続けられるよう、頭も身体もまだまだ使っていきたいね」と気持ちを新たにした。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

渋谷 陽司さん

「咲かせよう!座間のひまわりプロジェクト」のリーダーを務める

渋谷 陽司さん

座間市在住 42歳

7月10日号

小島 実和子さん

有鹿神社で「パンダ宮司」創作するなどして情報発信している

小島 実和子さん

海老名市大谷南在住 48歳

7月3日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

6月26日号

山口 珠美さん

代表を務める川柳サークルが3周年を迎えた

山口 珠美さん

海老名市国分北在住 55歳

6月19日号

橘川 好一さん

相和私立幼稚園協会の会長に就任した

橘川 好一さん

綾瀬市寺尾本町在住 65歳

6月5日号

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

7月8日に全館再開!

ウイルス「ゼロ」ミッションで再稼働

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店6店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

座間市立市民交流プラザ

7/25ジャズライブ、8/12~古城都の美と健康プログラム

https://zama-p.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク