海老名版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

高校農業大会 中農高が5部門で最優秀 2団体・3人が受賞の活躍

教育

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
「養豚部」と「中農アイガモ農法」課題研究チーム
「養豚部」と「中農アイガモ農法」課題研究チーム

 市内中新田の県立中央農業高校(高瀬博昭校長)が7月15日、大井町で開催された「県学校農業クラブ連盟大会」で、6部門中5部門の最優秀賞を獲得した。団体で同校養豚部と「中農アイガモ米」の課題研究チームが、個人では養豚部の石川莉凪さん(2年)、佐々木真彩さん(同)、研究チームの大塚めいさん(同)が受賞した。

 農業系の学校が活動内容や研究成果を発表する同大会。生産・流通・経営と、開発・保全・創造、ヒューマンサービスの3部門で、それぞれ団体の「プロジェクト発表」と、個人の「意見発表」がある。

 プロジェクト発表で受賞した養豚部は、国産豚の減少危機と食品廃棄量に着目し、地域資源を活用した研究成果をプレゼンした。

 同部は、新たなブランド豚の開発と再利用飼料を研究テーマに、養豚業における新たな手法の可能性を示した。地元豚である「高座豚」を交配した学校独自の豚に、地元工場で大量に廃棄されていたビール粕とパンくずを使った再利用飼料を与え、旨味のあるジューシーな肉質を作出。大手百貨店での販売を通し、飼料コスト削減を実証した。

 一方、稲作の無農薬栽培に有用とされる「アイガモ農法」に取組む課題研究チーム。アイガモの孵化から水田での働き、解体・試食まで一連の流れを発表した。「いのちの授業」と題し、同チームが行っている地域参加型イベントや幼稚園への出張授業などの内容も盛り込まれた。

  意見発表受賞者はこれらの活動に属している生徒で、個人の思いを込めて発表した。生徒らは、8月24・25日の関東大会に出場する。

海老名版のトップニュース最新6

「市民まつり」初の秋開催

「市民まつり」初の秋開催 文化

17日 海老名運動公園で

11月15日号

内野氏が圧勝

海老名市長選挙

内野氏が圧勝 政治

投票率は前回上回る51.04%

11月15日号

神宮司さん(下今泉在住)が優勝

全日本学生 音楽コンクール 東京大会

神宮司さん(下今泉在住)が優勝 文化

11月末に全国大会出場

11月8日号

三田氏が会頭再任

海老名 商工会議所

三田氏が会頭再任 経済

新体制は副会頭4人

11月8日号

中農生・多田さんが優秀賞

農業甲子園

中農生・多田さんが優秀賞 教育

鑑定競技の食品部門で

11月1日号

浜田涼菜さんが奨励賞

MOA美術館児童絵画作品展

浜田涼菜さんが奨励賞 文化

736点から全国展へ

11月1日号

11度目の県制覇

東柏太鼓

11度目の県制覇 文化

3月の全国大会に出場

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

海老名演劇鑑賞会海老名演劇鑑賞会 11月20日に最終回11月20日に最終回

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

11月20日~11月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク