海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

海老名の魅力を発掘・発信 市、地域振興計画を発表

社会

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
市内を巡るツアー実施(海老名市提供)
市内を巡るツアー実施(海老名市提供)

 内野優市長は8月24日に行われた定例記者会見で、4月に施行した「にぎわい振興条例」に基づく5カ年の振興計画(2016〜20年度)を発表した。シティプロモーションのための23施策61事業を打出し、市内経済の活性化と、地域住民の郷土愛醸成を図る。

 同条例は、行政・市民・事業者が一体となって、さまざまなイベントを仕掛けることで市民生活や産業を向上・活性化させ、魅力あるまちづくりを行っていくためのもの。「誰もがまちの広告塔」となり、個人レベルでの情報発信力を上げることを目指している。

 条例策定の発端となった理由の一つに、昨年実施したアンケート結果がある。海老名市の認知度や来訪目的などを6項目で調査したところ、鉄道やサービスエリア、大型商業施設が回答の大半を占めた。逆に、海老名に行かない理由としては「魅力的な情報が伝わってこない」「イメージがわかない」という意見が多く、市は情報発信力の必要性を感じたという。

 これらの経緯を経て策定された同条例の基本方針に沿って具体化されたのが、今回の振興計画。県内出荷量一を誇る苺など、海老名の「オンリーワン・ナンバーワン」を活かした商品開発や情報提供のほか、景観写真コンテストの実施など市内回遊促進と、海老名をPRしたブックカバー広告やキャッチコピーの公募など誘客への新規プロモーション事業などを示した。

「海老名好き」増やす

 この一環として市内巡りのバスツアーをこれまでに2回実施。「自分の住んでいる海老名を改めて知る機会になった」という市内参加者の声や、「サービスエリアやららぽーと以外の海老名を知った。とても好きになった」という市外在住者の声など、内外から伝えることに一定の効果を示した。

 市商工課では「事業を通して、一人でも多くの『海老名好き』を増やしていきたい。そうすることで、海老名がより暮らしやすく豊かなまちになれば」と話している。

葵会館家族葬365日24H受付

安心して旅立てるプランを思いのままに 生花祭壇プラン38.5万(税込)~

https://www.aoiebina.com/

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

寛ぎの1日1組貸し切り家族葬式場「ゆかりえ」

https://www.fujimishikiten.co.jp/

牛乳食パン専門店みるく

富士山麓の牧場で搾乳された牛乳100%を仕込水として使用した食パンです

https://tokyo-milk.jp/news/%E6%B5%B7%E8%80%81%E5%90%8D%E5%BA%97/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

初の関東大会出場

海老名高校女子バレー部

初の関東大会出場 スポーツ

「存続危機」から3年で躍進

5月20日号

団員獲得、動画に託す

綾瀬市消防団

団員獲得、動画に託す 社会

“チーム消防”で局面打開へ

5月20日号

SDGsマルシェ初開催

海老名運動公園

SDGsマルシェ初開催 社会

「ロスフラワー」を販売

5月13日号

地域食堂を開設へ

綾瀬春日ロータリークラブ

地域食堂を開設へ 社会

6月から、毎月第2土曜に

5月13日号

多世代が楽しめる祭典に

綾瀬市

多世代が楽しめる祭典に スポーツ

「ねんりんピック」の競技会場に

5月6日号

最高峰レースで初優勝

最高峰レースで初優勝 経済

綾瀬市拠点にチャンピオンめざす

5月6日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook