海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

齊藤美瑛さん(国分南在住) 教育の大切さ伝えたい 「国連大使」活動を報告

教育

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
内野市長を表敬
内野市長を表敬

 (公社)日本青年会議所が主催する「JCI Japan少年少女国連大使」として米国を訪れていた齊藤美瑛さん(15・自修館中等教育学校)が9月13日、内野優市長と伊藤文康教育長を訪ね、活動報告を行った。「国連大使」に選ばれたのは全国から30人で、県内では齊藤さんのみ。今後は、教育の大切さについて今回学んだことを、多くの機会を通じて伝えていく。

 この事業は日本青年会議所が、未来の人材育成と国際協力をめざして2011年から行っているもの。選ばれた少年少女国連大使はニューヨークの国連本部を訪れ、貧困や福祉、エネルギー問題など世界共通の開発目標(SDGs)を学び、帰国後はさまざまな青年会議所の活動を通じて、その重要さを伝えていく。

 今年度の国連大使には、全国各地の青年会議所を通し小学5年生から中学3年生の約200人が応募。書類選考や面接の厳しい試験を乗り越えた30人が選ばれた。

2度目の挑戦で合格

 好きな海外女優が国連活動をしていることを知り、興味を抱いたのが応募のきっかけ。昨年、学校で国連大使の募集を知りチャレンジするも結果は落選。諦めずに今年も挑戦し、見事選考を通過した。

 7月25日から5日間、国連本部やユニセフなどニューヨークで活動する中で、齊藤さんは自分の身近なものという観点から教育をテーマに選び、開発途上国をはじめとする世界の教育状況やその重要性を学んだ。最終日に国連内で行った成果報告では、教育の必要性、教師の質などに焦点をあてた制度の充実等を英語でスピーチし、スタンディングオベーションを受けた。

 帰国後は教育の大切さを啓発するため、先日市内で行われた「えびフェス」やFMラジオ等にも出演している。今後も地域の祭りや学校などで活動を行っていく予定だという。

 齊藤さんは「世界には教育を受けていない子どもたちがいる現状を知った。日本の教育がいかに恵まれているかなどを伝えて、子どもにも大人にも良い影響を与えられたら」と話した。

教育論を教育長と談義
教育論を教育長と談義

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

減少傾向続く

家庭系可燃ごみ4-12月期搬入量

減少傾向続く 社会

資源物の混ざり、大きな課題に

1月21日号

新品種で農水省局長賞

県いちご品評会

新品種で農水省局長賞 社会

中河内の橋本順一さん

1月21日号

「共創」の一年に

座間市年頭会見

「共創」の一年に 社会

日産など6者の協定でスタート

1月14日号

後継店誘致支援に意欲

綾瀬市

後継店誘致支援に意欲 経済

相鉄ローゼン閉店で、市長表明

1月14日号

3市とも開催へ

2022年成人式

3市とも開催へ 社会

感染症対策のため中学校別に

1月7日号

全国大会で優勝

綾瀬西高校

全国大会で優勝 スポーツ

今年結成の同級生チーム

1月7日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook