海老名版 掲載号:2016年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

海老名IC付近 中新田に新たな工業地 交通利便性に企業が注目

社会

現況の航空写真(写真=海老名市提供)
現況の航空写真(写真=海老名市提供)
 市はこのほど定例記者会見で、市内中新田に新たな工業・流通拠点を造成すると発表した。用地開発については地権者で組織される組合主体で開発が行われ、2021年3月に完了する予定。圏央道や東名高速など、交通の利便性の高さに注目が集まり、すでに複数の企業から問合せが寄せられているという。

 事業用地は中新田5丁目にある農地を中心とした約11・8ヘクタール。圏央道の海老名インターチェンジが近いことや、新東名・海老名南ジャンクションの来年度完成など、流通拠点としても期待が高まる。

 同事業は2017年4月に着工され、整備が終わった区画から順次販売される予定。これに合わせ、区間と隣接する県道46号相模原茅ヶ崎線に接続している外周道路や公園、緑地の整備も行われるという。

 工業系用地の開発は、地権者96人が2013年に準備組合を設立し、検討を進めていた。今年3月に事業計画を県に申請し、今月、認可が下りた。工業系の土地区画整理事業は市内で初めて。

 市市街地整備課は「企業誘致による雇用効果も見込まれる。組合とも連携を図り、早期事業完了を努めたい」と話した。

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク