海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

「(公社)海老名青年会議所」(海老名JC)の第37代理事長に就任した 今泉 直人さん 大谷北在住 38歳

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena

感謝の気持ち 地域に還元

 ○…1981年に創立した「海老名青年会議所(海老名JC)」。40歳以下の地元経営者らが集まり、人がまちを支えられるようにと地域で活躍するリーダーの育成や、郷土愛の醸成などを行う団体として歴史を刻んできた。「報恩感謝〜未来へつなげよう〜」を今年度のスローガンに掲げ、JCだけでなく市民や行政を巻き込んだ地域一体のまちづくりを行うための橋渡し的存在を担っていく。

 ○…地元事業主らとの交流を深めようと2009年、JCに入会した。当初は本業にウエイトを置いていたため活動には積極的に参加していなかったが、理事を任され事業を担当する事で、日常生活や仕事だけでは得られない経験を味わったのを機にJC魂に火がついた。その後は専務理事、副理事長、県JCの役員などを歴任。「自分の器以上の役をやらせてもらってきた。初めはどの役も『自分にはできない』と思っていたけど、必死にもがきながら前へ進んできたことで、新たな価値観や広い視野を身に付けることができた」と振り返る。

 ○…父が創業したクリーニング店の代表取締役を務めている。東日本大震災のころ、経営が厳しくなり「もうダメかも…」と思ったこともあったが、繋がりがある同業者からの仕事依頼で苦境を乗り切った。その後もJCメンバーや地域の仲間たちに、幾度となく助けられてきた。信頼できる仲間が増えるとともに会社も成長し、店舗数も増加。「毎日3時間睡眠の時もあったけど、助けてくれる人たちがいたからこそ今がある」と、感謝を述べる。

 ○…会社名は「プゥル・ヴー」。フランス語で「あなたのために」という意味だ。資本主義経済を進めてきた結果、利己主義へと変化している時代に危機感を覚える。「お世話になった先輩や仲間たち、地域に感謝を込め、『利他の精神』を持って活動に取り組み、海老名を良くしていきたい」と抱負を語った。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

西海(にしがい) 明夫さん

3月1日に開催される「えびな還暦のつどい」で実行委員長を務める

西海(にしがい) 明夫さん

海老名市中野在住 60歳

2月7日号

小林 庄司さん

海老名で第1号の「健康サポート薬局」に認定された「ガーデン薬局」の局長を務める

小林 庄司さん

国分北在住 72歳

1月31日号

鶴田 雅之さん

海老名e―Sports協会の会長を務める

鶴田 雅之さん

中野在住 40歳

1月24日号

石田 忠さん

「えびな・おもちゃ病院」の代表を務める

石田 忠さん

国分寺台在住 76歳

1月17日号

熊切 圭吾さん

成人式の実行委員長を務める

熊切 圭吾さん

上今泉在住 20歳

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク