海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月6日号 エリアトップへ

2017年海老名市成人式実行委員会の委員長を務める 牧田 朋子さん 門沢橋在住 20歳

掲載号:2017年1月6日号

  • LINE
  • hatena

溢れる好奇心と行動力

 ○…成人式を企画・運営する実行委員会の委員長として、昨年8月から12人のメンバーと準備を進めてきた。「おしゃべり会」のような賑やかな雰囲気の中で開かれる月1度の会議では、第2部のお楽しみ企画の内容を特に念入りに話し合い、どうすれば盛り上げられるか活発に意見を出し合った。「景品選びは特に気合を入れた」と話す様子からは、楽しみながら計画している様子がうかがえる。

 ○…実行委員に応募したきっかけは、母の勧め。「友人が実行委員をやっていて楽しそうだった。少しでもやりたい気持ちがあるならやってみれば」という母の言葉に後押しされ、応募を決意。委員長にも立候補した。「小さい頃から人見知りしない性格で、人前に出て何かをするのが好きなんです」とはきはきと話す。会議では自身が意見を出すのではなく、メンバーに話を振るなど話しやすい雰囲気づくりを心掛けている。

 ○…祖父の代から海老名に住む生粋の海老名っ子で、門沢橋小、有馬中で学んだ。小学5・6年生の時には児童会役員、中学3年生の時には生徒会役員を務めたほか、中学では吹奏楽部にも所属するなど積極的な学生生活を送った。学校のほかにも小学2年生からは囃子連に所属し、新年や夏祭りの際には近所の神社で太鼓の演奏に励んだ。高校は東海大学附属に進み、アーチェリー部に所属。「その時々で興味があることは何でもやってきました」とにっこり。

 ○…両親が共働きのため小学生の頃に祖父母とよく見ていた刑事ドラマの影響で、「犯罪心理などを学びたい」と大学では心理社会学を専攻。将来は手に職をつけようと、教職課程や司書課程なども履修し忙しい日々を送る。臨床心理士の資格を取得するため、大学院に進学がすることが今の目標だ。小学生時代からのモットーは「レッツエンジョイ」。大変な中でも楽しいことを見つける姿勢を大切にしている。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク