海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

市立中央図書館 改装して1年、満足度8割 利用者数は約1・7倍に

社会

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena

 リニューアルオープンから約1年が経過した海老名市立中央図書館で、昨年9月17日から10月9日にかけて実施された「利用者アンケート」の結果が、このほど公表された。満足度(大いに満足・満足の合計)は約8割となり、回答者の約半数近くが市外からの来館という集計になった。

 図書館利用者アンケートは、期間中に市立中央図書館・海老名駅連絡所(えび〜にゃハウス)・かしわ台連絡所を訪れた人に対し、アンケート用紙の配布または端末を使い行われた。このアンケートは、「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)と(株)図書館流通センターの指定管理者が実施している。

 今回得られた回答数は682件。回答者は市内の人が53%、市外が45%、県外が2%となっており、市外の利用者が約半数を占める結果となっている。

約8割が「満足」

 満足度に関しては、大いに満足・満足と答えた人が78・9%、どちらともいえないが13・2%、不満・大いに不満が6・3%で、約8割が満足と回答している。市民に限ると大いに満足・満足は73・2%となっている。

 さらに、満足度を個別に見ると、大いに満足・満足の数値が高いものでは「年中無休である」が92・4%、「1日の開館時間」が87・5%、「館内の居心地」が78・7%、低い順では「視聴覚資料(CD・CDブック)の数や種類」が29・5%、「座席・閲覧席の数」が35・5%、「本棚からの資料の探しやすさ」が41・9%となった。

 また、リニューアルによる生活の変化については全体で51・8%、市民に限ると53・5%が「あった」と回答。内訳としては「本を読む機会が増えた」「以前より勉強するようになった」「外出する機会が増えた」などの声が多くみられた。

 なお、市教育委員会学び支援課によると、中央図書館の利用者数はリニューアル前が月平均3万4427人であったのに対し、リニューアル後は月平均5万8113人と約1・7倍になっているという。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク