海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

「えび〜にゃさいだぁ」を開発・製造する合同会社えびくらの代表社員を務める 杉崎 賢二さん 東柏ケ谷在住 64歳

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena

”海老名ブランド”の一助に

 ○…「私なんかが出る幕ではないのですが…」と低姿勢の挨拶。海老名名産のイチゴを使用した地サイダー「えび〜にゃさいだぁ」を開発・販売する合同会社えびくらの代表社員を創設時から務める。海老名の名を多くの人に知ってもらおうと、いちごわいんを製造している海老名銘酒開発委員会の有志6人で設立し、新たな特産品づくりに励んでいる。「飲食物のみに関わらず『海老名のものだから売れる』という”海老名ブランド”を築きたい。まちの活性の一助になれば」と抱負を語る。

 ○…大阪出身。就職で東京に来た後、夫人の実家である中新田の酒屋に婿入りし海老名へ。「昔は高い建物が無く、どこからでもあゆ祭りの花火が見えた」と懐かしむ。夫人の両親とともに商店を営み、当時は80件ほどの一般家庭を回り商品を配達していた。謙虚で人当りの良い雰囲気からか、届け先では世間話で盛り上がり、20〜30分話し込むこともしばしば。「『子どもと仲良くなれば、お酒が売れる』が持論ですね」と、冗談めかしながら会話を盛り上げる話術は今でも現役の商売人そのもの。

 ○…現在は東柏ケ谷でコンビニのオーナーを務めている。自身のコンセプトは”品物を売るのではなく、人柄を売ること”。このスタイルは酒屋時代から変わらない。アルバイトの学生が利用客と世間話などをしている接客姿を見ると、笑みがこぼれるのだとか。「口酸っぱく伝えてきているもの。商品も大事だけど、売る人も大切だということが若い世代にも伝われば」と思いを語る。

 ○…駅やバスでも小さい子を見ると、ついあやしてしまうほどの子ども好き。孫の話になると自然と頬を緩ませる。「えび〜にゃさいだぁはアルコールが飲めない人や子どもたち向けに作った商品。市外や県外の人にも届けられる体制を作り、『海老名』が持続的に価値のあるものになれば」と一本の瓶に願いを込める。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

西海(にしがい) 明夫さん

3月1日に開催される「えびな還暦のつどい」で実行委員長を務める

西海(にしがい) 明夫さん

海老名市中野在住 60歳

2月7日号

小林 庄司さん

海老名で第1号の「健康サポート薬局」に認定された「ガーデン薬局」の局長を務める

小林 庄司さん

国分北在住 72歳

1月31日号

鶴田 雅之さん

海老名e―Sports協会の会長を務める

鶴田 雅之さん

中野在住 40歳

1月24日号

石田 忠さん

「えびな・おもちゃ病院」の代表を務める

石田 忠さん

国分寺台在住 76歳

1月17日号

熊切 圭吾さん

成人式の実行委員長を務める

熊切 圭吾さん

上今泉在住 20歳

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク