海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

市園芸協会 「旬のイチゴを届けたい」 市内13小学校の給食に

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
前日に収穫された新鮮なイチゴ
前日に収穫された新鮮なイチゴ

 海老名市園芸協会いちご部会(武井哲也会長・15人)が1月12日と16日の2日間で、市内小学校13校に海老名産イチゴを提供した。海老名の特産物であるイチゴが地産地消の一環として給食に出されるのは初。

 出荷量県内1位を誇る海老名産のイチゴ。とはいえ、全ての給食に行き渡らせるためには、その数量確保が課題となっていたが、「海老名の子どもたちに旬のイチゴを届けたい」という部会の思いがあり実現した。

 12日には武井会長が有鹿小学校を訪れ、児童に食べた感想を聞くと、「甘くておいしい」と話し、イチゴをネタにはしゃいだ様子で給食を楽しんでいた。

 武井会長は「届けたイチゴは前日に収穫したもので輸送時間も少なく、直売と変わらないぐらい新鮮。これからも継続していければ」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク