海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

医療体験記コンクール 堀内さんが優秀賞 「膠原病を知って欲しい」

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
県内で唯一、表彰を受けた堀内さん
県内で唯一、表彰を受けた堀内さん

 杉久保北在住の堀内愛華さん(18)が「第35回『心に残る医療』体験記コンクール」(中高生の部)で優秀賞を受賞した。2月18日には読売新聞東京本社で行われた表彰式に出席。堀内さんは県内で唯一の受賞者だった。

 同コンクールは、読売新聞社と日本医師会が1982年から主催している事業。医療環境の向上を目的に、医療従事者との交流記や介護にまつわる体験記などを募集し広めている。一般・中高生・小学生の3部門に分かれており、今年は全国から1600作品が集まった。

 指定難病といわれる完治のない病気で、膠原病の一種「高安動脈炎」を罹患している堀内さん。「私の生きる世界」と題した作品には、普通の生活を送れる事への羨望や想い、自身の闘病生活から得た現在の考え方などが約2000文字で綴られている。

 コンクールでは、作家の落合恵子さんや俳優の竹下景子さん、作家・詩人のねじめ正一さんらが審査員を務め、中高生では4人が受賞。表彰を受け、堀内さんは「病気のことを多くの方に知ってもらいたいのと、同じ病気を患っている人の支えになる存在になりたい」と話した。

オープンな心へ

 発症は高校1年生のとき。40度の高熱が1週間も続く症状で、病院を駆け回った。大学病院での検査入院を経て、病名が発覚。幼少時代から劇団に所属し、プロ歌手への道を歩もうと決意した矢先の出来事で、自暴自棄になり絶望しかなかったという。

 入退院を繰り返す闘病生活の中で、同じ病気の患者が集う交流会に参加。自分と思いを共感できる相手と話すことで、励まし合う大切さに気付き、前を向くことができた。

 現在は通院を続けながら、インターネット上のブログや小説執筆などで病気について発信を行っている。「病気になったその日から私の闘病生活は始まっていて、新しい人生がスタートしたのだと思うようになりました。他人と比較することのない『自分らしい生き方』をしていきたいと思います」と話す。

 堀内さんの作品はコンクールのホームページから閲覧可能。

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク