海老名版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

国分寺台 「防災用井戸」公園に設置 災害時の生活用水に活用

社会

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
設置された防災用井戸
設置された防災用井戸

 海老名市はこのほど、防災用井戸を国分寺台第1児童公園内(国分寺台1の4124の148)に設置した。これは災害などで上水道が断水した場合に生活用水として使用するもので、地元自治会の要望を受け約1年かけ整備された。防災用井戸の新設は市内初となる。

 今回設けられた井戸は、高さ約1・2m、幅46・5cmほどの大きさ。手動ポンプ式となっており、地下60mから毎分150リットル(試験時の値)の水が汲み上げられている。

 活用法としては、災害時に上水道が断水した場合など、いざという時にトイレや洗濯の洗い水として地域住民が使用することを想定している。住民からは「普段は鍵や周囲に囲いなどをつけた方が良いのでは」との声もあったが、すでに井戸を設置している他市や専門家の意見を考慮し、誰もが使用できるよう安全装置のみを備え付けた。

住民の要望受け

 井戸設置の契機となったのは、国分寺台自治会が市に対し2015年8月、災害時の生活用水を確保するための手段を要望したこと。近隣の大谷小学校には防災貯水装置が設けられているものの、国分寺台には既存の井戸がなかったため、3〜4年前から災害時の生活用水不足を危惧する声が住民の間で上がっていた。

 こうした要望を受け、市は昨年度から井戸の設置に取り掛かり、今年3月に完成。今後の管理・補修に関しては同自治会が行っていく。

 市担当課は「井戸の活用はまだ動き始めたばかり。市内には個人・事業者所有のものを合わせて大小約270の井戸があるので、利用可能かなどを含め調査していきたい」とコメント。

 同自治会は「今後、井戸の維持管理を行うとともに、近隣住民の方への周知を行っていく」と話している。

 4月23日(日)には、午前10時からと午後3時からの2回、近隣住民を対象とした現地説明会と操作体験会を実施する。1時間程度。
 

海老名版のトップニュース最新6

渡邊選手(国分南在住)日本代表に

ドッジボールW杯アジア予選

渡邊選手(国分南在住)日本代表に スポーツ

市内で唯一選出

10月11日号

ベイジュニアに選出

海老名フレンズ酒井友成選手

ベイジュニアに選出 スポーツ

800人参加の選考通過

10月11日号

議会基本条例を制定

議会基本条例を制定 政治

「最高規範」全25条に

10月4日号

地域の足、実証運行始まる

地域の足、実証運行始まる 社会

南部地域の不便さを解消

10月4日号

市内小中生3人が入選

カナガワビエンナーレ国際児童画展

市内小中生3人が入選 文化

応募総数2万7千点から

9月27日号

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ

海老名市長選

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ 政治

「多選・無投票を阻止」

9月27日号

井上さん(上今泉在住)が4連覇

かかしまつり

井上さん(上今泉在住)が4連覇 文化

制作のコツは「愛情込める」

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域での生活を考える

地域での生活を考える

講演や意見交換会を実施

10月27日~10月27日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク