海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

蛭田選手所属 卓球日本代表が団体優勝 地元からオリンピック出場へ期待

スポーツ

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena
日本代表として活躍した、勝瀬出身の蛭田選手(中央左)
日本代表として活躍した、勝瀬出身の蛭田選手(中央左)

 市内勝瀬出身の蛭田龍選手(17)が所属した卓球日本代表(ジュニアの部)が5月11日、アジア9カ国が参加した国際大会で団体優勝した。決勝戦で3番手として出場した蛭田選手は日本の優勝を決定づける活躍した。

 祖父が指導する卓球クラブ「リトルキングス海老名」で、小学1年生の時に卓球を始めた蛭田選手。全国上位の実力をつけ、中学進学時には強豪校から推薦の声がかかるトップ選手へと成長した。夢だという「オリンピック日本代表」に向け、福原愛選手らを輩出した青森山田中学校に進学し、14歳以下のダブルスで日本一になるなど、輝かしい成績を残している。

 現在は福岡県にある希望が丘高校に所属。平日5時間、休日6時間の練習を日々欠かさず行っている。今回の代表入りは、優秀な成績を収めている選手のみが出場した4月の「全国高校選抜春季合宿」での準優勝を受けてのものだった。

 大会では団体予選リーグ初戦で台湾と熱戦を繰り広げた。接戦をものにすると、その後は全てストレート勝ち。決勝トーナメントでも勢いは止まらず、優勝決定戦で再び台湾と当たるも、ストレートで勝利し栄冠を手にした。また、シングルスでもベスト8に入る活躍を見せた。

 蛭田選手は「日本人とはプレイスタイルが違う選手が多く、攻め方も独特だったりして1試合目は思うように自分のプレーが出来なかった。徐々に慣れてきて、自分のプレーが通用することもわかり新たな自信につながった」と大会を振り返った。

 自身の今後については「まずはインターハイ予選に向けて、努力をしていきたい。8月にも国際試合があるので頑張ります」と話していた。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

減少傾向続く

家庭系可燃ごみ4-12月期搬入量

減少傾向続く 社会

資源物の混ざり、大きな課題に

1月21日号

新品種で農水省局長賞

県いちご品評会

新品種で農水省局長賞 社会

中河内の橋本順一さん

1月21日号

「共創」の一年に

座間市年頭会見

「共創」の一年に 社会

日産など6者の協定でスタート

1月14日号

後継店誘致支援に意欲

綾瀬市

後継店誘致支援に意欲 経済

相鉄ローゼン閉店で、市長表明

1月14日号

3市とも開催へ

2022年成人式

3市とも開催へ 社会

感染症対策のため中学校別に

1月7日号

全国大会で優勝

綾瀬西高校

全国大会で優勝 スポーツ

今年結成の同級生チーム

1月7日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook