海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

北里大学海洋生命科学部 希少クラゲ、世界初展示 100年ぶり発見のヒョウ柄種

教育

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena
ヒョウガライトヒキクラゲ。生まれたばかりはほとんど見られないヒョウ柄が、成長につれ発現するという
ヒョウガライトヒキクラゲ。生まれたばかりはほとんど見られないヒョウ柄が、成長につれ発現するという

 北里大学海洋生命科学部の学生が運営するミニ水族館「北里アクアリウムラボ」で、傘にヒョウ柄の模様を持つクラゲ「ヒョウガライトヒキクラゲ」の展示が始まった。新江ノ島水族館(藤沢市)、鶴岡市立加茂水族館(山形県鶴岡市)との3館同時公開で、世界初展示となる。

日本で繁殖に成功

 今回展示されたヒョウガライトヒキクラゲは1914年にフィリピンで発見されて以降、その生息は不明だった。2013年、フィリピン西部の海で、同大の三宅裕志准教授と共同研究者である広島大、東海大の研究者らによって約100年ぶりに再発見された。以降、三宅准教授らは毎年現地へ赴き、16年9月に生体を受精させ幼生を採取。日本へ持ち帰り、今年に入って繁殖に成功した。 

学生主導の水族館

 同学部の校舎に併設しているミニ水族館「北里アクアリウムラボ」は、学生約30人が中心となり企画・運営を行っている。「一般的に知られている生物をスターにしよう」をモットーに、希少な生物に限らず様々な海洋生物を、趣向を凝らした方法で展示している。

 一般公開は、平日の午前10時〜午後4時で入場無料。入館の予約は不要だが、学生による解説が必要な場合は電話で予約を。問合せは同学部事務室【電話】042・778・7919へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク