海老名版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

「海老名ガイド協会」の会長に就任した 服部 澄一郎さん 国分寺台在住 70歳

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena

会で見つけた海老名の魅力

 ○…海老名の歴史文化を継承し観光振興を図るため、ツアーを組んで市民や観光客らに市内の史跡・文化財を案内する「NPO法人海老名ガイド協会」の会長に就任した。会の魅力でもある「仲の良さ」を活かし、67人の会員と活動していく。「多くの人に海老名の良いところを伝えていきたいですね」と意欲を見せる。

 ○…今年で入会8年目。当時所属していた環境団体の仲間に誘われたのが縁で入り、事務局長や副会長、会長補佐を歴任してきた。「他にやる人がいなかったからね」と謙虚だが、任された役割を全うしたからこその会長職だろう。今でこそ歴史に携わる活動を精力的に行っているが、学生時代は年号を覚えるのが嫌いでむしろ苦手科目。「最近は出来事という点が線になる瞬間が面白いと感じるようになりました」と歴史の醍醐味を語る。

 ○…東京の蔵前出身。実家は江戸時代、年貢米を現金に換金する金融商人「札差」としての役割を代々担う家系だった。姉と妹に挟まれた3人兄弟の真ん中として育ち、幼い頃は大人しいながらも好奇心溢れる性格。幼稚園の時は魚釣りに夢中になり、登園を忘れてしまったこともあるという。戦時中だったため小学生時代の半分を疎開先の埼玉県蕨(わらび)市で過ごし、父の仕事の都合で海老名に来たのが23歳の時。大学では幼少期から好きだった「映画」を学ぼうとシナリオコースを専攻したが、当時は映画産業が下火だったため卒業後はテレビ制作会社に入社。以来CMを制作していたが、26歳で独立しCMのほかカラオケの映像、販促ビデオなどを手掛けてきた。

 ○…現在は妻と2人暮らし。ガイド協会のツアーにも2人で参加するおしどり夫婦だ。会長となった今でも自らツアーの案内役を買って出ているほか、11月には同会初となる講演「偉人の足跡を歩く」の実施を予定している。新たな試みにも挑戦する姿からは会を思う熱意が感じられた。

海老名版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

8月23日号

阿部 頼義さん

市内で活動するボランティア団体「グレースガーデンプロジェクト」の代表を務める

阿部 頼義さん

泉在住 37歳

8月16日号

阿部 洋秋さん

「海老名おやじの会」の会長を務める

阿部 洋秋さん

中新田在住 44歳

8月9日号

石渡 靖夫さん

海老名市歯科医師会の会長に就任した

石渡 靖夫さん

中央在勤 59歳

8月2日号

白石 さとみさん

えびなケアマネ連絡会の会長を務める

白石 さとみさん

柏ケ谷在住 58歳

7月26日号

小山 篤史さん

「雪でアソビナ」を企画・運営する

小山 篤史さん

上今泉在住 40歳

7月19日号

柳下 泰介さん

海老名市自治会連絡協議会の会長を務める

柳下 泰介さん

東柏ケ谷在住 71歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク