海老名版 掲載号:2017年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

土地価格 5年連続で上昇 今後も需要高まる見込み

社会

上昇率の高い2地点(写真上=上郷、下=河原口)
上昇率の高い2地点(写真上=上郷、下=河原口)
 神奈川県は9月19日、土地価格の目安となる基準地価格を公表した。海老名市内の平均変動率は昨年に続き、住宅地・商業地ともに上昇を見せた。海老名駅西口エリアの開発が大きく影響したものとみられており、今後も上昇傾向が続く見込みだ。

 基準値価格は、7月1日時点での調査地点(県内927地点)の1平方メートルあたりを都道府県が調査し、毎年9月に公表しているもの。

 2017年の県内の地価動向は住宅地が2年連続で下落。一方で商業・工業地は5年連続で上昇した。海老名市内では例年同様、住宅地9地点、商業地2点に加え、今年は工業地1点が新たな調査地点となった。県発表によると、海老名駅西口地区の開発の進展や一昨年に開業したららぽーとなどの影響を受け、住宅地・商業地ともに5年連続で上昇したという。

 中でも、市内上郷1の19の25地点の住宅地価は年々上昇しており、今年は前年比3・0%プラスになった。国分寺台地区、杉久保地区は下落したものの他地区では上昇傾向にあり、市全体では0・4%と前年からさらに上昇幅が拡大した。商業地でも河原口4の6の3地点が3・0%、東柏ケ谷2の24の4地点が1・2%上昇した。

 市都市計画課では「子育て政策などの認知もあり、移り住む人の需要がある。さらに海老名駅駅間地区の開発や、平成31年に都心へとつながる相鉄線の開業などで、今後も地価が上がっていくのでは」と話した。

海老名版のトップニュース最新6件

“観劇”で感激の輪広げ30年

海老名演劇鑑賞会

“観劇”で感激の輪広げ30年

1月19日号

フリーペーパーを創刊

カズミア(株)

フリーペーパーを創刊

1月19日号

3農園が特選受賞

県いちご品評会(立毛の部)

3農園が特選受賞

1月12日号

春のスギ花粉「多め」予想

1232人が新たな門出

成人式

1232人が新たな門出

1月5日号

地域活性化の火付け役に

海老名商議所

地域活性化の火付け役に

1月5日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

28日に合唱のつどい

28日に合唱のつどい

有馬中合唱部も出演

1月28日~1月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク