海老名版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

キックボクシング 西京選手が新王者に 「目標達成。ここからスタート」

スポーツ

果敢に攻撃を仕掛ける西京選手(左)
果敢に攻撃を仕掛ける西京選手(左)
 市内国分南在住のプロキックボクサー・西京春馬選手が10月1日に後楽園ホールで行われた格闘技イベント「Krush(クラッシュ)」の58kg級タイトルマッチに出場し、3対0で判定勝ちした。試合後のリング上の挨拶では「高校も卒業できればいいっていう程度で格闘技にかけてきて、卒業後もみんなが進学する中で、僕だけ格闘技一本の道を選んだんです。先生にも心配かけたし、こうして結果が出てよかった」と語った。

 西京選手は高校1年生の時にプロデビューを果たし、3年時には高校チャンピオンに輝くなど、破竹の勢いで勝利を重ねている。ベルトのかかった初のタイトルマッチ戦前には「このチャンスは絶対に逃せない」と意気込みを語っていた。

 対戦相手となる小澤海斗選手は同階級を2度防衛している王者。6月に行われたノンタイトル戦で西京選手に敗戦しており、今試合はタイトルをかけての再戦となった。

 会場を観客が埋め尽くす中行われた試合は、1ラウンドから挑戦者・西京選手が積極的に攻撃を仕掛け、王者を翻弄する展開に。力む小澤選手に対し、冷静に間合いを取りながら的確に攻撃を当てた。試合が大きく動いたのは2ラウンド目の終盤。西京選手の左ストレートが顎にヒットし、腰から落ちるようにロープにもたれかかり、ダウンを奪った。3ラウンド目は小澤選手が巻き返しを図ろうと必死で猛攻するも、西京選手がこれを落ち着いて対処し、ダウンが決め手となり3対0で判定勝利を収めた。

 西京選手は「反省点はあるけれども10代でのタイトル獲得は目標の一つだったので、まずは良かった。ここからがスタートだと思って応援してくれる方たちに恩返しができるよう頑張っていきたい」と話した。

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク