海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

県立相模三川公園 災害時の公園活用法学ぶ 炭作りや炊き出しを体験

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena

 地震などの災害発生時にどのように公園を活用できるかを学ぶ催しが、三川公園で10月14日に開かれ親子連れが参加した。

 この日は園内設備の説明のほか、災害時にも活用できる炭作り=写真=や、備蓄品を使ったカレーの炊き出し体験などが行われた。

 また、翌15日には近隣住民を対象とした自衛隊の炊き出し体験が行われ、海老名産の新米や豚汁、卵焼きが振る舞われた。

 草野邦弘園長は「地域の方に災害時の公園活用法を知ってほしい。今後も継続してこのような催しを実施していきたい」と話した。

 同園は避難場所には指定されていないものの広大な土地であるため災害時に近隣住民が押し寄せると想定し、これまでにも泊りがけで避難生活を疑似体験する「減災教育キャンプ」を大学と連携し実施している。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク