海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

SA・PA接客コンテスト 大塚さんが栄冠 参加者1万人の頂点に

社会

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
高いコミュニケーション力を披露した大塚さん
高いコミュニケーション力を披露した大塚さん

 東名高速道路上り線の海老名サービスエリア「EXPASA海老名」内の「箱根ベーカリー―セレクト―((株)フジランド)」で働く大塚佐和さん(33・河原口在住)が11月10日、NEXCO中日本が管轄する高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)に勤務するスタッフを対象に催した「接客コンテスト」でグランプリを獲得した。

 今年で9回目となるこのコンテストは、競技会形式で接客技術を競うことで、従業員のスキルアップや顧客満足度の向上につなげようと毎年開催されているもの。東は東名高速の東京インターチェンジ、北は北陸自動車道、西は三重県の紀勢自動車道と1都11県にまたがるNEXCO中日本の管轄エリア内には156のSAとPAがあり、約1万人のスタッフが在勤する中、各店舗からの代表者によって頂点が競われた。

2度目の挑戦

 3年ほど前から「箱根ベーカリー」に勤務する大塚さん。長年、接客業で働いてきたこともあり、ピカイチの接客対応から昨年も同コンテストに参加。しかしながら、東京支店エリアでの予選会で落選し、本選には出場できず、悔し涙を飲んだ。この悔しさをバネに今年5月から練習に励み、9月の予選会を通過。本選への切符を獲得した。

 本選では各エリアからの代表者30人が出場。客の迎え入れから見送りまでをロールプレイング形式で実演し、好感度・コミュニケーン力・販売力などの総合評価が審査された。

 大塚さんは徹底的に磨き上げたコミュニケーション力で会話を盛り上げ、利用客のニーズに応えるサービスを披露。「出場している方たちは皆素晴らしい接客をしてくる。それに負けない印象を残したかった」と話すように、利用客の心を掴んだ接客で審査員にアピールした結果、見事栄冠を手にした。表彰式のインタビューでは「昨年は自分のためのコンテストでしたが、今年は支えてくれた皆さんのために頑張りました。本当に嬉しいです」と喜びを語っていた。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

人口比率19市トップ

綾瀬市外国籍市民

人口比率19市トップ 社会

「スリランカ」が急増

4月3日号

新年度に大規模改修へ

有馬図書館門沢橋コミセン

新年度に大規模改修へ 社会

来年5月にリニューアル

3月27日号

栄和産業に栄誉

経産省

栄和産業に栄誉 経済

ダイバーシティ経営を評価

3月27日号

古塩氏が出馬表明

綾瀬市長選

古塩氏が出馬表明 政治

市民文化センター再編に意欲

3月20日号

22年度以降も20歳対象

座間市成人式

22年度以降も20歳対象 社会

成人年齢引き下げ後も

3月20日号

頑張る飲食店を紹介

頑張る飲食店を紹介 社会

季刊情報誌が特設ページ

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク