海老名版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

水辺の風景画コンテスト 市内小学生が最優秀賞 全国応募1万点の中から

文化

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
作品を手に笑顔の市川さん(左)と西中さん(右)
作品を手に笑顔の市川さん(左)と西中さん(右)

 子どもたちが水辺に出掛け新たな発見や体験をするとともに、表現することで感性を育んでほしいとの思いから実施され、29回目を迎えた「全国児童水辺の風景画コンテスト」。今回は各地から9696点の応募が寄せられ、入賞作品40点を選出。その中でも特に優れた作品4点に贈られる最優秀賞に、柏ケ谷小3年の西中湖羽さんと上星小2年の市川千陽さんの2人が選ばれた。

 最優秀賞のひとつ、農林水産大臣賞を受賞した西中さんの作品「魚をとる人々」は、大漁を喜ぶ人の姿を資料を元に描いたもの。漁師があふれんばかりの笑顔で働く様子が生き生きと描かれているとの評価を受けた。

 一方、市川さんの「さかながつれたー」は文部科学大臣賞を受賞。家族で海に行き大きな魚を釣った時の喜びを表現した作品で、自然を楽しむ様子が生き生きと表現されているところが評価された。

 12月6日に市役所で行われた表彰式では、2人とも「選ばれてとても嬉しい」とコメント。伊藤文康教育長は「海老名から2人も選ばれこんなに嬉しいことはない。絵の人が笑顔で描かれていて、見ている私たちも嬉しくなる」と語った。

 2人は幼稚園生の頃から、市内上今泉の絵画教室「アトリエENDO」に通っている。同教室の遠渡恵美子代表は「教室には他にもこのコンテストで特別賞や銀賞などに選ばれた子もいます。自分のことのように嬉しいです」と話した。

海老名版のローカルニュース最新6

親子でお金を学ぶ

親子でお金を学ぶ 教育

2月29日 有馬図書館で

1月24日号

合格願い祈願豆腐配布

合格願い祈願豆腐配布 教育

(有)富塚商事が受験生に

1月24日号

「発達障がい」とは

「発達障がい」とは 教育

2月16日 市文化会館で

1月24日号

ともに命を見つめる

がんを診断された人と家族の「交流カフェ」

ともに命を見つめる 社会

医師の内山夫妻が5年前から主催

1月24日号

日頃の鍛錬の成果を披露

日頃の鍛錬の成果を披露 社会

海老名警察署で武道始式

1月24日号

収穫米の寄付先を検討

大谷中学校

収穫米の寄付先を検討 教育

生徒が考え、教諭に提案

1月24日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

23回目の「合唱のつどい」

23回目の「合唱のつどい」

26日 市文化会館で

1月26日~1月26日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク