海老名版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

市民の意見を募集 ごみの減量化策について

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市は12月28日(木)まで、家庭系ごみの減量化策に関する市民からの意見(パブリックコメント)を募集している。

 高座清掃施設組合と三市(海老名・綾瀬・座間)で策定している計画の平成39年度までにごみの量を平成12年度比30%削減するという目標に向けて、市ではさまざまな取り組みが実施されている。

 ごみの減量化については、有識者や地域住民らで構成される「海老名市環境審議会」で諮問され、9月に中間答申が発表された。

 中間答申ではごみの減量化が達成すると、環境や焼却施設への負担軽減、財政負担の削減、地元負担への配慮、次世代負担の軽減などのメリットが生まれるという。その中で施策の一つとして検討されているのが「ごみの有料化」だ。

 指定袋とは違い、より減量に意識を置くように手数料を上乗せするのが「有料化」にあたり、県内でこの取り組みを行っているのは藤沢・大和・逗子・鎌倉の4市。全国では6割の自治体が実施しているという。

 市資源対策課は「有料化を含め、ごみ問題は市民の皆様にかかわる事。さまざまなご意見をいただけたら」と話している。今後は意見をもとに再び審議会で検討される予定。中間答申の詳細は市資源対策課窓口や市ホームページからも閲覧可能。意見提出は同課へ直接。問合せは同課【電話】046・235・4922へ。

海老名版のローカルニュース最新6

親子でお金を学ぶ

親子でお金を学ぶ 教育

2月29日 有馬図書館で

1月24日号

合格願い祈願豆腐配布

合格願い祈願豆腐配布 教育

(有)富塚商事が受験生に

1月24日号

「発達障がい」とは

「発達障がい」とは 教育

2月16日 市文化会館で

1月24日号

ともに命を見つめる

がんを診断された人と家族の「交流カフェ」

ともに命を見つめる 社会

医師の内山夫妻が5年前から主催

1月24日号

日頃の鍛錬の成果を披露

日頃の鍛錬の成果を披露 社会

海老名警察署で武道始式

1月24日号

収穫米の寄付先を検討

大谷中学校

収穫米の寄付先を検討 教育

生徒が考え、教諭に提案

1月24日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

23回目の「合唱のつどい」

23回目の「合唱のつどい」

26日 市文化会館で

1月26日~1月26日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク