海老名版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

尺八サークル山びこ静山会 日本の音色伝え、20年 12月25日に演奏会

文化

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
本番に向けて最終調整が進む
本番に向けて最終調整が進む

 市内を中心に活動する尺八サークル「山びこ静山会」(佐藤静山会主)が創立20周年を迎えた。恒例の年末行事として行っている「箏・尺八演奏会」は今年で15回目を迎え、本番に向けて調整は佳境を迎えている。演奏会は12月25日(月)に海老名市文化会館小ホールで開催。時間は午後0時30分から4時15分までを予定。入場無料。鑑賞希望者は会場に直接。

 和楽器の魅力を伝えようと、尺八愛好家5人が集まり「山びこ静山会」を発足。現在は約30人の会員が集まり、社家コミセンや杉久保コミセン等で毎週練習を重ねている。同会は市民音楽祭や学校での披露、高齢者施設での慰問演奏など、さまざまな舞台で和楽器と触れ合う機会を創出。演奏会では尺八だけでなく、箏とコラボレーションしながら和の音色を響かせている。

 また、佐藤会主が東北出身であることから、東日本大震災以降は復興支援もテーマに組み込み、全額寄付するチャリティー演奏や、被災地仮設住宅(宮城県石巻市)での演奏会なども実施してきた。

 25日は、尺八・箏演奏だけでなく、岩手民謡の語り部や民謡歌手、津軽三味線奏者、地元の高校筝曲部なども舞台にあがる。また、今年初参加となるマリンバ(木琴)や胡弓演奏もあり、多彩な音楽を楽しめる。

 佐藤会主は「日本にいながらも和楽器の音色を聴く機会は少ないので、一人でも多くの人にこの良さを伝え、浸透していくよう今後も頑張りたい」と話す。

 当日は被災地支援のチャリティー募金箱も用意されている。問合せは佐藤会主【電話】046・238・2608へ。

海老名版のトップニュース最新6

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

大澤さん(門沢橋在住)が選出

東京五輪聖火ランナー

大澤さん(門沢橋在住)が選出 社会

6月30日に走行

1月1日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

平成から令和へ1年間の振り返り(下半期編)

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

真打噺家の落語会

河の手ギャラリー

真打噺家の落語会

22日 林家たけ平さんが出演

1月22日~1月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク