海老名版 掲載号:2018年1月5日号
  • LINE
  • hatena

海老名青年会議所(JC)の拡大委員長として、昨年31人の会員増に尽力した 曽根 友基さん 中央在勤 36歳

目標に向かって全力疾走

 ○…海老名青年会議所の会員増加を担当する拡大委員長として先頭に立ち、昨年、過去最大の増強を図った立役者。人数が増えることで地域が活性し発展につながるという事から、海老名JCは神奈川県・関東地区から表彰を受けたほか、全国からも問合せがくるなど注目の存在となっている。「地域を盛り上げようと考える人が多くなればなるほど良い。メンバーとともに頑張っていきたい」

 ○…こうした高い目標に向かって達成していくモチベーションは、成果主義のストイックな姿勢から生まれてくるようだ。結果に欠かせないのが「人財育成」であり、それが地域の活性化につながると考える。今年のJCでは理事長の補佐役となる”専務”を任され、手腕を発揮していく。「努力したからといって報われるわけではない。報われるまで努力をするんだ!!頭で考える前に行動をして、結果にコミットしていく」と力強く語った。

 ○…普段は市内中央にある不動産企業「(株)スモット」の代表取締役を務めている。25歳のときに起業し今年で12年目を迎える。これまで、えびな市民まつりでフィナーレを飾る花火の特別協賛をはじめ、市内活動の様々な支援を行ってきた。中でも大のサッカー好きであることから、市内唯一の女子サッカーチームや、つながりのあるプロチーム「横浜FC」と「SC相模原」のスポンサーも買って出て、市内小学生を試合に招く動きなども見せている。「いつか海老名のプロサッカーチームを創設できれば」と、構想を語る。

 ○…海老名の発展に拍車をかけていこうと出来る限りの地域貢献をしていくのは起業当初から思い描いていた事でもある。「行政が掲げる『海老名を住みたい、住み続けたいまち』にしていくのも同じベクトルに向かって取り組んでいきたい。来年4月を一つの節目として、自分が掲げた目的に向かって頑張っていきたい」と先を見据える。

海老名版の人物風土記最新6件

杉本 芳秋さん

開館30周年の中新田コミュニティセンターで館長を務める

杉本 芳秋さん

12月7日号

永石 あつしさん

「レンブラントホテル海老名」の初代総支配人を務める

永石 あつしさん

11月30日号

児島 晴夫さん

大谷小学校50周年記念事業実行委員長を務めた

児島 晴夫さん

11月23日号

今福 麻奈美さん

平成30年度全日本卓球選手権大会マスターズの部(女子30歳以上)で優勝した

今福 麻奈美さん

11月16日号

新井 晋さん

国内唯一のプロフットゴルファーとして活躍する

新井 晋さん

11月9日号

植松 英夫さん

「青い埴輪展」を河の手ギャラリーで開催する陶芸家

植松 英夫さん

11月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月24日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

SAで無料演奏会

12月21日

SAで無料演奏会

クリスマスソングが楽しめる

12月21日~12月21日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク