海老名版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

県いちご品評会(立毛の部) 3農園が特選受賞 「地元のイチゴ、ぜひ食べて」

社会

受賞した3農家の代表
受賞した3農家の代表
 「平成29年度神奈川県いちご品評会(立毛の部)」でこのほど、市内でイチゴ栽培を営む3農家が特選を受賞した。柳下正行さんが県農業会議会長賞、澤地正典さんが全農神奈川県本部運営委員会会長賞、武井哲也さんが県いちご連会長賞に選ばれた。

 この品評会は農家の生産意欲や栽培技術の向上、品質改善を促進し、「県内産のイチゴ」の振興を図ることを目的に毎年開催されているもの。立毛の部では、各農園に赴いた審査員が収量や管理体制、育成状況を基準に評価する。今品評会には県内各地区の代表生産者31園が参加した。

 「かながわの名産100選」に認定され、出荷量約60tと県内一を誇る海老名産のイチゴ栽培は1930年ごろ始まった。現在、イチゴ農家を営んでいるのは市内20戸ほど。そのほとんどが当初から取り組んでいる伝統農家たちで、栽培している主な品種は「とちおとめ」と「紅ほっぺ」。今回受賞したのは、3農家とも「とちおとめ」で、甘味が多くて粒が大きいものだ。

 受賞した一人で市園芸協会「苺部会」の会長を務める武井さんは「形や味にこだわりを持ち、全農家が一生懸命頑張っています。ぜひ、鮮度の良い状態で食べられる”地元のイチゴ”を味わっていただければ嬉しい」と話している。

 イチゴの販売は市内大谷のJAさがみグリーンセンター(【電話】046・234・0080)や中央の海老名駅前農産物直売所(【電話】046・234・5310)、各農家の直売所などで行われている。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のトップニュース最新6件

春のスギ花粉「多め」予想

1232人が新たな門出

成人式

1232人が新たな門出

1月5日号

地域活性化の火付け役に

海老名商議所

地域活性化の火付け役に

1月5日号

種まきから芽吹きへ

今年の干支は戊戌(つちのえいぬ)

2018年(平成30年)

今年の干支は戊戌(つちのえいぬ)

1月1日号

海老名の魅力上昇中

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

28日に合唱のつどい

28日に合唱のつどい

有馬中合唱部も出演

1月28日~1月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク